codebreak;

GitHubに容量制限があるらしい、と知った。というのも、サイトのリポジトリはマルチメディアデータを含むため、サイズがかなり大きくなる。

そこで代わりとなるリポジトリとしてcodebreak;を試してみることにした。codebreakは「無制限!」と言っている。で、使ってみると使い心地は良いが、プレビュー機能がいまいち。ダウンロードできないので、リポジトリをcloneして使う前提か?

そして、無制限というが、容量に関しては「大きくなると拡張するために申請いただく」とあり「無制限」とはニュアンスが異なっている。無制限なのは

  • (Githubと違い)プライベートリポジトリの数が無制限
  • (BitBucketと違い)プロジェクトの参加ユーザー数が無制限

だが、「codebreak」で検索してみると興味深い記事がみつかる。

BIZREACHというIT系リクルートサイトがはじめたプログラミングSNSであるcodebreak;。これをみると、登録しようとするとウィザードが始まり、これが完全にリクルート登録的なものであること(職場、地位、年収など)、さらに使いはじめるには審査があり、審査に合格しないと使い始められないこと、しかもその審査がかなり「リクルート登録的に」厳しいことから相当不興を買っていた。ほとんど転職サイトで、gitホスティングサービスとしての体をなしていなかった、ということのようだ。

公開は2013-05となっていて、その頃話題となり、ぱっと消えてしまった、という感じだろうか。だが、今回登録した限りでは特にそのような入力項目自体がなく、ごくごく普通だった。審査がいる、というものも撤回され、誰にでも使える、とFAQで明記されている。コードブレイクは、IT・Webエンジニアの方向けのソフトウェア開発を行うためのツールです。特段アカウント作成に条件はありません。Webデザイナー、Webプロデューサー、ディレクターの方々など、Git関連サービスをご利用になられたい方なら誰でもご登録いただけます。

問題視されていた「httpsのみ」「pull request不可」「wikiなし」なども修正されている。もしかしたらバックが代わったのではないか、と思うくらいに「普通」だ。容量については200MB制限だったらしいのだが、それについてはパブリックリポジトリ、およびプライベートリポジトリの作成制限はありませんが、一定以上の大量のデータをホスティングした場合、さらに容量を拡張するために申請をしていただく必要がある場合があります。と言い方がやわらかい。

というわけで普通に使えるのだが、それでもちょっと容量が怖い。BitBucketも試したのだが、容量無制限ではあるものの、「コードだけだ!」とかなり強く書いてあるので、ドキュメントだとダメなのかもしれない。

そのため、結局マルチメディアファイルは.gitignoreでgitの管理から外して、Google Driveにアップして使用することにした。一応、データ自体は本サーバーにアップしてあるが、PDFに関してはもしもということがあるので。

yaplogについて

このブログはyaplog ( http://yaplog.jp/reasonset/ )からの移行だ。1ヶ月程度、yaplogを使ってみた感想を述べる。

広告がしんどい
yaplog!に限らずGMOのサービス全般に言えることだが、とにかく広告ががうっとうしいことこの上ない。 1日15-20通程度メールで送られてくるし、しかもその退会や、登録情報の変更が非常に面倒な仕様となっている。非常に悪意を感じる。
デザインは良い
全体的に乙女度がとても高いが、デザインはかなり良いものが揃っている。ただし、全体にそういう演出的乙女なものを使っている人は少ないようだ。ユーザー定義も可能で、フルカスタマイズできるといっていい。
機能と自由度は微妙
機能は、それなりにカスタマイズできて、自由度はそれなりにあるが、フルカスタマイズはできず、また、大幅な変更は手書きでCSSなどを「変更」しなくてはいけないためしんどい。クラス設定の構造を把握するヒントも少ない。
アクセスログが良くない
単純にカウンタだと思った方がいい。yaplogユーザーなら訪問はわかるが、それでもその詳細はわからない。referと、ケータイかどうかは分かるが、UAなども示されない。
容量、1TBはありすぎではないか
ほぼ気にせず画像はアップできるが、そんなには使わないだろう。UIもやや使いにくい。
つながる機能は非常に弱いが、レプロのタレントだけは紹介される
yaplogが提携しているのだろう。maebloなどと違って、それだけだ。かなり激しい特別扱いでrecommendされる。

人数も少ないため、かなり人も限られる。それなりに大々的にプッシュされる。結構うっとうしい。ランダム機能もないため、横につながっていくコミュニティとしては機能しない。

ネガティブな面が強いと私は思うが、これをきっかけに豊岡さんを知ることができたので、私としては、結果オーライ。

結論としては、あの乙女デザインが好きで、特に深く手を入れず、とにかく書いて公開したい、写真をいっぱいアップしたいという人にはよさそうだ。広告が我慢できれば。それによってつながっていこうとか、深く手をいれようとするとしんどめ。

妙に自由度がなくて、何かを強制される傾向も見られる。Twitter/Facebookの連携機能はある。

Twitterについて

元々あまりイメージはよくなかった。何よりも、公器が平気でプロプライエタリなインターネットサービスを使うことを必須とすることに対して否定的だった。

また、publicなメディアであるのにtemporaryという、ネットにおけるコンテンツの在り方を逸脱したものをWWWを用いて、というところもだ。もちろん、それを雑談に使うのか?発信に使うのか?といった点や、保護されるべき個人情報がないがしろにされる、特に弱者が餌食になる構造にも否定的だった。

しかし、メディアとしての大きさには結局のところ抗えない。特に今はかつてのような発展、拡張の時代ではなく、インターネットサービスも集約、生き残りの時代だからなおさらだ。

だから、「Twitterの運営に関すること」と「Twitter上のコミュニティ」の問題は明らかに切り分けて考えなくてはいけない。

Twitterの運営は、設定がどうなっているのか、様々な設定や運営がどういう挙動を示すかということが不透明で、質問もまともに受け付けないサポート、説明になっていない説明など、かなりひどいものだと思う。インターネットサービスとして最低水準も満たしていないように思うだ。カスタマーハッピー思想の欠如ではないか。

また、radioでTVの人が、使えばすぐ理解するが、使わないとわからない、と言っていたが、使って特に機能や仕様や挙動は理解できなかった。かなり調べたり訊いたりすることになった。ゆえにサポートの不十分さも目に付く。

一方で、Twitterは「自分がフォローしている人と、そのつながりしか見えない閉鎖されたコミュニティを形成する」というのが、思った以上に独特な特徴を持っている。つまり、人によって「Twitterの見え方」は全く異なったものになるということだ。

だが、「つながる力」はかなり大きい。だから、「恐い」と思う。普通、どんな発言をするにせよ、例えきちんと発言に責任を持ち、publciなものであることをしっかり意識していたとしても、なかなか面識もない著名な誰かが直接反応するような状況は考えない。しかし、Twitterだと「本人の耳に届き、本人が反応する」ようなことが普通にある。そのつながりや影響が自分でコントロールできない。これは強みでもあると同時に厄介さでもある。

つながるきっかけは意外と少ないように思う。私が使いかたをしっかりと理解していないせいかもしれないが。

しかし、よくchatと比較されるが、全くの別物だと思う。chatは実際の伝播が限定的である、というだけの話ではない。chatは、相手と話すもの、という前提があるのだ。(IRCなどそうではないこともあるが)。しかし、Twitterは会話ではない。会話になることもあるが、やはりpublicなものであり、特定の相手に向けた発信ではない(DMはあるが)。だから、返ってくるとは限らないし、返そうという意識もない。chatのように「ちゃんと向き合って会話する」モードではないし、相手に向けてメッセージを出したり、また相手と会話を希望するのが難しい。加えて、自由発言のpick upはハードルが高い。会話むきのメディアにはなっていないと考える。

また、掲示板のように自由にpublicな発言を向けられるわけでもない。replyを出せば個人むきととられるし、公衆での1:1の発言と捉えられるからだ。これは、ブログのコメントにも言えることで、メッセージを届けたい時にも使いにくい。というより、ブログとTwitterな時代では、publicに特定の対象に向けて何かメッセージを出そう、ということが極めて阻まれる。これによってメールも制限されることが多いのでなおさらだ。

このメディアとしての不自由さは、少々ひっかかる。