Perffered application, Nemo, Dolphin, Thunarを設定してみた

Perffered application

Cinnamonで「お気に入りのアプリ」にできるのは.desktopファイルがあるものだけ。 ブラウザをプライベートモードで起動したかったのだが、なかったので作ってみた。

.dsktopファイルは基本的にはいわゆる.ini形式である。 XDGは兎にも角にもWindowsっぽい。

ユーザーローカルのファイルの場所は~/.local/share/applications

[Desktop Entry]
Version=1.0
Name=Vivaldi Incognito
GenericName=Web Browser (with Incongnito)
GenericName[ja]=ウェブブラウザ (with Incongnito)
Comment=Access the Internet (with safety)
Comment[ja]=インターネットに安全にアクセス
Exec=/usr/bin/vivaldi-stable --incognito %U
Terminal=false
Icon=vivaldi
Type=Application
Categories=Network;WebBrowser;
MimeType=text/html;text/xml;application/xhtml_xml;image/webp;x-scheme-handler/http;x-scheme-handler/https;x-scheme-handler/ftp;
Actions=new-private-window;

[Desktop Action new-private-window]
Name=New Incognito Window
Name[ja]=新しいシークレット ウィンドウ
Exec=/usr/bin/vivaldi-stable --incognito

/usr/share/applicaitions以下にたくさんあるので参考になる。

Cinnamon

Nemo の右クリックメニュー

右クリックメニューのコンテキストは~/.local/share/nemo/actions以下の/.nemo_actionファイル。 形式自体は.desktopファイルと同様だけれど、内容はちょっと違う。

[Nemo Action]
Name=Open in Konsole
Comment=Konsole

Exec=konsole --workdir "%P"

Icon-Name=konsole

Selection=none
Extensions=any;

これは「何も選択していない状態で右クリックすることでKonsoleで開く」もの。 %Pは現在のディレクトリ。 Selection=noneで非選択状態。 Extensionsは拡張子かMIMEタイプを指定する。ここでは何も選択しないのでany

[Nemo Action]
Name=Open with Thunar
Comment=Open with Thunar

Exec=thunar "%F"

Icon-Name=thunar

Selection=s
Extensions=dir;

こちらはディレクトリをThunarで開くメニュー。 Selectionsになっており、ひとつのファイルを選択した場合のみ。 Extensionsdirでディレクトリのみ。 %Fは選択ファイル

[Nemo Action]
Name=Open with Konqueror
Comment=Open with Konqueror

Exec=konqueror %F

Icon-Name=konqueror

Selection=notnone
Extensions=any;

Konqueror。 Selectionはひとつでも複数でも良いnotnone%Fをクォートしてしまうと、複数の場合に全部がひとつの引数にされてしまう。

Cinnamonのショートカットアプレット

カスタムはできるけれども、アイコンが特定のテーマのものを選択しなければいけなくなってしまう。

設定ファイルは.cinnamon/configs/panel-launchers@cinnamon.org/3.json。 ここで.desktopファイルを指定するのだが、ユーザーローカルなものは選択できない。 ユーザーローカルな.desktopファイルは~/.cinnamon/panel-launchersに配置しておく必要がある。 シンボリックリンク可。

KDE Plasma

Dolphinのカスタムアクション

場所は

で確認。~/.kde4以下に置いても多分駄目。

試しに作ってみた「Viewniorで開く」コマンドは以下の通り

[Desktop Entry]
Type=Service
ServiceTypes=KonqPopupMenu/Plugin
MimeType=image/png;image/jpeg;
Actions=setAsWallpaper

[Desktop Action setAsWallpaper]
Name=View With Viewnior
Icon=viewnior
Exec=viewnior %U

画像選択時に項目として登場する。

Dolphinのテンプレート

KDEはXDGのテンプレートを一切無視する。

使用されるテンプレートは以下の方法で探すことができる。

こちらも.desktopファイルで、URLとしてテンプレートになるファイルのアドレスを指定する必要がある。

[Desktop Entry]
Comment=Blog Markdown
Icon=text
Name=Blog Markdown
Type=Link
URL=/home/haruka/Templates/blogmd.md

XFce4

Thunarのカスタムアクション

.desktopファイルの話をすると思った?

残念でした。

“編集→アクションの設定” から設定することができる。

Thunarのテンプレートファイル

XDGフォルダ自体をシンボリックリンクにすると機能しない