Tasqueにはリマインダ機能がない。

Taskcoachということも考えはするが、残念ながらTaskcoachは私の環境ではSystem trayに収まってくれないため、非常に邪魔である。

そこで、リマインダを作ってみた。GitHubで公開している。今回はどちらかというとNoddy寄りだが、きちんとした形で公開している。

PureminderはZshで書かれている、クライアント/サーバーである。
サーバーはメッセージを受け取り、SOX(play)で音を再生し、Zenityで画面に表示する。

わざわざクライアントサーバーモデルをとっているのは、atでの利用に問題があるためだ。

単にatでcallすると、Zenityは表示すべきディスプレイサーバーを見つけられない。
$DISPLAY変数によって指定することはできるが、マルチユーザー環境での動作が信用できない。

そこで、確実に機能させるため、現在のデスクトップ上で起動し、ユーザー別に作られるUNIXドメインソケットでメッセージを受け取る、という仕様とした。

だが、PureminderはZshだ。
一般にはなかなか見かけることのない、Zsh socket programmingをちょっと紹介しよう。

まず、モジュールをロードする。

zmodload zsh/net/socket

次にzsocket -lでソケットを作成する。

zsocket -l "$sockfile"

$REPLYにファイルデスクリプタ(Integer)が入るので、とっておく。

typeset -g sock=$REPLY

zsocket -aで接続を待ち受ける。引数はソケットのファイルデスクリプタ。

zsocket -va $sock

$REPLYに接続のファイルデスクリプタが入る。この接続は全二重。
閉じる時は次のようにする。

exec {fd}>& -

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です