先日まで某サイトでwebコンテストが実施されていた。だが、これにかなりの技術的問題点があったので、言及しておく。

会員に対する投票と、一般の投票は、票の重さが違う、という仕様で、一般投票は1日に1票、ということだった。しかし、この重複票排除というのは、現実にはまず不可能である、とされている。

重複票排除については1995年頃から議論されていた。1人1票、と設定しても、どうやってその人が既に投票したかを確認するか?ということだ。方法としては、IP, IP+UA, Cookie, 登録制が一般的だった。

IPはゲートウェイホストによって個々のインターネットホストに与えられるため、同一IPの投票を重複とみなす、という方式だ。だが、この方式は、インターネットカフェやケータイ(これは2000年以降)で問題が生じることと、NATを用いるために同一世帯の家族を「重複票とみなしてしまう」という問題があった。一方、PPPならば「電話をかけ直す」ことでIPアドレスは振られ直すことが多く、この重複を排除できない。

IP+UAは、IPとUAの両方が一致する場合重複とみなす、というもので、会社、ネットカフェなど共有回線がまるごと重複とみなされる問題を回避しようとした。しかし、UAは当時は特にバリエーションがそれほど多くなかった上に、詐称することも可能だったため、会社などそれなりの規模になるとかなりの確率で、環境を揃えているネカフェではほぼ確実に重複とみなされ、一方重複投票したい人は容易に回避できた。

Cookie方式はブラウザに「投票した」という情報をもたせることで管理しようというものだ。比較的単純で効果があったが、手元に複数の、Cookieを共有しないブラウザがあれば回避されてしまうし、単にCookieを削除するだけでいくらでも投票できてしまう。

登録制は、重複登録をいかにして防ぐかが問題となる。また、登録制にすることでハードルが上がり、投票数は劇的に低下する。重複票を防ぐ効果は低く、それでいてむしろ避けられることになるため、よほど自信のある(中身にというよりも、popularityにおいて)プロバイダでなければ採用は逆効果だった。

これらの問題の難しさを諦めて、逆手にとったのがAKB方式といえる。つまり、重複投票はしても構わないが、その票数は買わなければならない口数方式だ。

例えば住基カードを使えば1人1票は実現可能だが、厳密性を求めるならなりすましの対策という非常に困難な問題にぶつかることになる。それに、選挙でもなければ同定に住基カードなど使えない。

携帯電話に限る、という方式はお手軽であり、普及している。電話番号を使うことで同定できるためだ。だが、そのような理由でコンテンツを携帯電話に限ることは、アクセシビリティの観点から言っても好ましくないし、やはりアクセスはかなり減少する。それに、そのような目的で電話番号を取得するのはいかがなものか?ということもある。

このほか、TwitterやFacebook, Google+のようなopenIDを使って認証する、という方式もある。電話番号よりはいくらかソフトなやり方だが、その分効果は低下する。

このように非常に難しい重複投票の制限だが、そのコンテストでは、単純にCookieを使う方式だった。CSRF対策か、セッションクッキーを使うようになっていたが、その場合、単純にブラウザのプライベートウィンドウを開いてアクセスし、投票して閉じれば無限投票が可能だ。

もっとあげつないやり方としては、curlなどでセッションクッキーを保存するようにして投票ページを取得したあと、投票するという2回のコネクションを張るだけで投票できる。この間0.1-3.0sec程度なので(私の環境で)、ループすれば1時間で1500票は入れられる。

これはさすがに中止になるか無効になるかするように思う。

もう少し考えて作ってもよかったのではないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA