Vivaldi Browserは新しいウェブブラウザであり、現在はまだテスト段階にある。

Vivaldi Browserの生い立ちとしては、もともとOpera Software ASAのCEOだったヨン・スティーブンソン・フォン・テッツナー(テッちゃん)が、My Opera閉鎖に不満を持ち、それに代わるポータルサイトとしてVivaldiを作ったことが最初のようだ。

コミュニティは2014-03に誕生しているが、2015-01-27にOperaに代わる新たなるウェブブラウザ、Vivaldiを誕生させた。

Vivaldiの特徴は次のようなもの。

  • OperaがPrestoからBlinkへ移行する過程で失った機能を復活させる。例えばMUA
  • タブを大量に開くユーザーを対象とする
  • 高速
  • Chromiumベース
  • とてもバグかが多い(既に3件リポート済み)
  • Windows/Mac/Linuxをサポート

驚いたことに、2015-01-31の時点で既にAURにはあり、今日確認したところPCLinuxOSの64bitリポジトリにもあった。Tchnical Previewと言いながら、スクリプト名はvivaldi-stableである。

使ってみて思ったのだが、非常にバグが多く未完成な印象を受ける一方、本当に速い。Opera Developerよりも明らかに速い。ただし、Blinkブラウザ共通の症状として、私のLinuxデスクトップで使っていると高負荷となりプチフリーズを生じやすくなり、非常にストレスあるブラウジングになる。

このバグレポートのためにここ数日英語漬けになっている気がする。

しかし、昔はウェブブラウザとは随分とわくわくしたものだが、久しぶりに未来を夢想してしまうようなソフトウェアが登場した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です