Btrfs上にEncFSを構成したマスターから、dm-crypt上にZFSを構築したスレーブへとミラーする、しかもそれらのホストはシャットダウンされる。これはかなり厳しい条件だった。

やはりシャットダウンされるためにHA(高可用)システムは使えない。シャットダウンする時点で障害発生とみなされるし、切り離された状態で単独でスタートアップして動けない。

さらに、EncFSはrootであってもアクセスを許さないため、非常にセキュアではあるが、GlusterFS GeoReplicationも使えないなど障害になった。

やはり無理な要求である、というのは

LinuxQuestionで聞いてみても
明らかになるだけだった。だが、ここでrsyncが大規模システムに耐えるということが分かったため、rsync(1)at(1)でいこうと決意を固めることができた。

rsync+sshはごくごく単純だ。

rsync -e ssh fromdir user@host:destdir

でいける。だが、まずはZeroconfでアクセスしたい。

Manjaroで/etc/nsswitch.confmdns_minimalを指定しても解決できない。これでホスト名を解決しようと思うと、nss-mdnsパッケージをインストールし、avahi-daemonを動かさなくてはいけない。

さらに、CentOS側が受け入れてくれない。これは、NICがひとつだとそのNICをpublicなゾーンのインターフェイスとみなすが、Avahiはhomeインターフェイスにしか許されていない。そのため、firewall-cmd --add-service=avahi --zone=public --permanentとしてAvahi-daemonへのアクセスを透過する。

これでZeroconfでのアクセスに成功、.localのホスト名でsshアクセスできる。ssh-keygenでパスフレーズなしのキーを作り、アクセスしようとする。ところが、ssh-copy-idしようとした段階でToo many authentication failures for ...となり、sshアクセスできない。これは、sshの管理下にある鍵が多すぎる場合に生じるようだ。その数はsshdが登録、管理している鍵とファイルとして~/.ssh以下にある鍵の総数。とりあえずの方法としては、鍵ファイルがあるものだけを鍵として扱うため、~/.ssh/config

IdentitiesOnly yes

と書くと改善される。ただし、ファイル自体が多くなるとこれでもダメだろう。

これで鍵によるアクセスまでできるようになった。

鍵による実際のアクセスの前に、atとrsyncについて確認する。rsyncについては前述の通りで大丈夫。atは

$ <kbd>at now + 1 minutes &lt;&lt;&lt; 'zsh -c "notify-send \"$(id)\""'</kbd>

すると自身のuidになっているので、atを実行したユーザーで実行されることが分かる。EncFSに対してアクセスするためにはこれは絶対条件だ。

そしてこのままrsyncするとうまくいく。だが、パスフレーズなしで自由にアクセスできる鍵というのは危険だ。

コマンドで制限すべきなのだが、rsyncのコマンドを受ける側がどうなっているのか、というのは非常にわかりにくい。rsync -vvv -au --delete-after -e ssh from destして、パスワードの前に表示されたconnectionの中からrsyncより前を削り、互いにvを削って設定する。

ただし、このままでは外部からファイルを消されるリスクがあるため、ホストも限定したほうがいいかもしれない。ただし、鍵がなければできないのだから、その時はバックアップ側は仕方がない、とも見れる。

今回の成果物も

GitHub
にて公開。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です