YouTubeのプレイリストからタイトルを抽出する

結局使わなかったのだが、ワンライナーで書いた。 比較的素直なHTMLなので解析は簡単。行指向ではないので、PerlでなくRubyにした。

$ curl 'https://www.youtube.com/playlist?list=<playlistid>' | ruby -e "s = STDIN.read" -e 's.scan(/<a class="[^"]*pl-video-title-link[^"]*"[^>]*>(.*?)</m) {puts $1.strip }' | grep -v 動画は削除されました

ffmpegでh.264/aacな360pのmp4を

元動画は1080pのmovまたはmp4。 オーディオはいじらず、元々aac(ac3)。

$ ffmpeg -i <infile> -vcodec libx264 -s 640x360 -crf 34 -strict -2 <outfile>.mp4

ちなみに480p(16:9)は720x280。 -crfの値は18-28が推奨されている(小さいほど高ビットレート)が、今回はモバイル向けなので34を指定。

なお、6の増減でビットレートはおよそ1:2の変動となる。

ffmpegでCowon M2向けの動画を作る

COWON M2はXVidとmp3のAVI動画で、解像度は320x240またはWMVをサポートするとある。

WMVだと結構サイズが大きいので、AVIで作る。 ソースは前回と同じくh.264*ac3のMOVまたはh.264*m4aのmp4。

$ ffmpeg -i <infile> -vcodec libxvid -acodec libmp3lame -b:v 372k -b:a 128k -s 320x240 <outfile>.avi

随分としょぼい解像度の上にアスペクト比も壊れる(プレイヤー側で調整することは可能)が、案外見られる。 ただし、360pでも細部は潰れてしまっているのでよく分からない部分は出てしまう。

XineのUIの文字化けを直す

fontにHerveticaを要求しているので、フォントエイリアスを設定すれば良い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です