update-grubできない問題は根が深く、様々なところで訊いてはみたものの、結局答えが出ない。

Manjaro 0.8.13について

Manjaro Linuxは0.9.0リリースを控えていたが、新インストーラのCalamaresのバグがなかなか解消できず、結局0.8.12でCalamaresを採用したものの、インストーラをThusに戻した0.8.13をリリースするに至った。

Manjaro Linuxの日本語を一手に引き受け、Manjaro JPも開発するrago1975さんによれば、0.9.0のThusインストーラバージョン的なものだとという。

実際にそのように感じる。というのは、XFceはGTK3を採用する4.12、KDEはPlasma5なので、デスクトップが別物になっている。 XFce版だとDMも完全に別物となっており(もしかしたらMDMから差し替えられたのかもしれないが)、雰囲気はがらっと変わった。

XFceは0.8.12でも4.12の開発版である4.11を採用しており、現行のManjaroテーマも既に採用されていたため、0.8.12からの目新しさは特にない。 とはいえ、それまでの0.8.11からすれば劇的に変わり、垢抜けないデザインが特徴だったXFceもぐっとスタイリッシュになった。0.8.12と比べてもやはり部分的に見た目も変更されている。

アップデートでは見た目に関する部分は変わらないため、「見た目が変わった」というのは、入れ替える動機にもなるかとは思うが(Plasma4がPlasma5に置き換えられるのは当面先だろうから、入れ替えはかなり大変だと思う)、今回はThusの改良に非常に力が入れられていた。

まず、Thusインストーラの起動はすごく速くなった。これまでは、忘れた頃に起動する勢いだったが、すぐに起動するようになった。

Thusは手動パーティショニングをしてもLUKSの利用ができるようになったはずだが、それについては今回試していない。

LUKSパスフレーズについては、「特殊な文字を使うな」という注意書きが増えた。「LUKSパスフレーズに記号を含めると復号化できなくなる」という問題に対応したのか。

またブートローダーはGRUB2とGummibootを選択できるようになった。しかし、Gummibootを選択するとブートローダーはインストールされない。 また、Gummibootを選択した場合、ブートできない可能性があるのでウェブサイトを見るかと聞かれる。

Thusはかなり改善されたことを感じられる。

また、0.8.11まではUEFIでインストールしても第1パーティションにGRUB_BOOTを切っていたが、これをやめて3パーティション構成になった(ESP, BOOT, LVM)。Gummibootにすると、2パーティションになる。

Gummibootにきちんと対応してくれると嬉しかったのだが…

なお、Manjaro 0.8.11をそのままにしてインストールすると、GRUB2でも起動しなかった。 事前にGPTを作成しておくことで無事に起動できた。

ただし、UEFIブートメニューに謎の無効な空欄エントリがあるということは変わらない。

導入しようにも…

しかし、Alternative HDD (500GB)に入れても、そこで構築してSSDに移す、というのはかなり大変な作業になる。SSDのほうが小さいからだ。

かといって、環境をイチから作るのに、現行の環境を潰してしまうと、だいぶ長く仕事ができなくなってしまう可能性がある。

散々悩んだ挙句、結局はSSDをもう1台追加することにした。 ケーブルも併せてだいたい12000円の出費。なかなか痛い。 だが、仕事を見通しが立たないまま止めるわけにもいかないし、かといって更新できない状態でも放置できないので、やむなしか。

ケーブルはAmazonで、SSDはNTT-Xで購入。NTT-Xは仕事でも使えるようなので、これからかなりお世話になることになるだろう。

ケーブルは当日、SSDは翌日に到着した。

インストール作業

インストール

まずは単純に、SSDを組み込んで元のSSDとAlternative HDDを外し、予めGPTを作成した上でThusインストーラでインストールする。

UEFIでLVM, LUKS, /home分割はon, GRUB2を選択、なお起動時にはnomodesetnokmsbootオプションが必要。

ただし、インストール後はnomodeset及びnokmsbootは必要なかった。

基本セッティング

まずはworldencmountの必要なファイルをtarで展開する。これでbtrfsボリュームのマウントが可能になる。

そしてzshのインストール。 なお、zsh-configについてはかなり癖がある設定の上に、手元の.zshrcで設定できなくなるので私は好まない。

これでマウントできるようになったら、btrfsをroでマウントし、最低限のファイルをコピーする。主要な設定ファイルは

cp ~/share/manjaro-home-transition/*(#q@) .

で以降できる。データ本体は~/shareにあるため、データの以降は必要ない。

日本語フォントはあるが、日本語入力ができない状態でスタートするため、とりあえず

yaourt -S fcitx-mozc-ut

インストール前にPKGBUILDをいじってニコと英語dicを有効にしてインストール。 ただし、googlecode.comのIPv6問題があるため、その前に

yaourt -S dnsutils

してdigを使えるようにし、

dig japanese-usage-dictionary.googlecode.com

して/etc/hostsにIPv4で決め打ちする。

私のプログラムは多くがRubyを使うため、Rubyも設定しておく必要がある。 これは次の方法で行う。元々

pacman -Q > pacman-q

としてあり、ここから

grep -F ruby pacman-q | cut -d " " -f 1 > rubypkg

として抽出。このうちインストール済みのものは必要ないので、

pacman -Q | cut -d " " -f 1 > pacman-qq

と現状のものを取得し

cat pacman-qq pacman-qq rubypkg | sort | uniq -u > target-ruby

とする。あとは

yaourt -S $(cat target-ruby)

でOKだ。

同様の方法でTTFファイルもインストール。

また、EncFSをコアに入れているので、EncFSをインストール。

yaourt -S encfs

また、nemoはテンプレートディレクトリにシンボリックリンクを許容するが、Thunarはしないので、シンボリックリンクをやめて、コピーに

rm template
cp -R share/template .

さらに、エスケープしたfstabをベースにfstabを修正する。 その前にVIもVimもなくて混乱するため(例えばvipwはあるのに、vipwはできない)、インストールしておく。

yaourt -S gvim vi

とりあえずエディタはmousepadが使える。とりあえずはmousepadで修正しリブート。

日本語周り

fcitx-mozc-utだけ入れたが、それさえ入っていなかった。 そして、日本語周りはManjaro JPベースではないため、それなりに複雑だ。

まず、fcitx-mozc-utがベースになるので、それをインストール。

yaourt -S fcitx-mozc-ut

各ツールキットに対して入力するためのパッケージと、設定のためのパッケージも導入

yaourt -S fcitx-gtk2 fcitx-gtk3 fcitx-qt4 fcitx-qt5 fcitxconftool

これだけでは入力できないため、~/.xprofileに追記

export GTK_IM_MODULE=fcitx
export GTK2_IM_MODULE=fcitx
export GTK3_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=fcitx
export XMODIFIERS="@im=fcitx"
export DefaultIMModule=fcitx
export PATH=/home/aki/bin:$PATH

$PATHは別件だが、ついでに書いておいた。XMODIFIERSXMODIFERSと書いており、LINEやSkypeに対して日本語入力できないという問題が発生して若干ハマった。

なお、さらに後ほど突如としてGTKアプリケーションに対してfcitxが有効にならず、

gtk-query-immodules-2.0 --update-cache 
gtk-query-immodules-3.0 --update-cache 

しても直らず、結局両パッケージをアンインストールした上で再インストールしたら直った、などということもあった。

そして再起動。

パッケージインストール part1

先にいくつか使われるのがわかっている~/.config以下のファイルをコピーしておく。 .config以下はそのままシンボリックリンクに変換できないからだ。

cp ~/share/manjaro-home-transition/.config/usr-dir* .config/
cp -R ~/share/manjaro-home-transition/.config/opera-developer .config/
cp -R ~/share/manjaro-home-transition/.config/tasque .config/
cp -R ~/share/manjaro-home-transition/.config/fontconfig .config/

そして次のパッケージをインストールしていく。

  • ctags
  • leafpad
  • medit
  • geany, geany-plugins
  • smplayer, smplayer-themes, smplayer-skins
  • opera-developer
  • linux405
  • infinality*
  • wine
  • plasma
  • kde-applications
  • kopete

Wine * LINEで文字が非常に汚い、という問題があったが、いつの間にか直った。

KDE5関連はplasmaパッケージで、kde-applicationと合わせるとかなりの部分がインストールされる。

kopeteのファイルは~/.kde4以下にあるので、これをコピーする。

cp -R ~/share/manjaro-home-transition/.kde4/share/apps/koepte ~/.kde4/share/apps/
cp  ~/share/manjaro-home-transition/.kde4/share/config/kopeterc ~/.kde4/share/config

KDE5

KDE5は、KDE4よりもさらにスタイリッシュにはなったが、スマホっぽいふらっとUIになり、洗練されたがいかにも重量級な「すごい演出」は損なわれた。

また、非常に多くの機能が未実装だ。

マルチディスプレイの対応についてはkscreenパッケージで対応できるが、細かく設定ができない。 Catalystで設定することはできるが、永続しない。

また、systrayが未実装(!)。libappindicatorとsni-qtを使えばいけるような話なのだが、実際はいくつかのアプリケーションがこれでもsystrayに入らない。

相変わらずKDEで設定が効かない部分があるので、

  • kde-gtk-config
  • kcm-gtk

を導入、さらにqtconfig-qt4を使って設定する。

悪くはないけれど、KDE4から乗り換えるには早いか。 アニメーションはKDE5のほうがパワーアップしているが、KDE4よりも良いかと言われると悩むところ。 少なくとも、設定の問題でKDE4のほうが現状は良いと思う。

KDEとXFce

そして、KDEで設定するとXFceのUIが壊れたりするのでたちが悪い。 この設定はかなり難しいが、基本的には「設定マネージャー→外観」でテーマ設定してからgtk-theme-configで調整すれば良い。

ちょっとややこしいが、gtk-theme-configはextraに"gtk-theme-preferences"という名前でパッケージがあり、さらにAURに"gtk-theme-config"というパッケージもある。 恐らくは公式入りしたが、AURのパッケージ作者がメンテナになっているわけではないのだろう。

より細かく設定するならばxfce-theme-managerがあれば良いが、場合によってはより迷宮入りする。KDEといったり来たりすることになるだろう。

なお、一度XFceが起動不能になり、~/.config/xfce4を吹き飛ばして作りなおすはめになった。この場合、skelからコピーするのが近道。

パッケージインストールpart2

  • cinnamon
  • xsane
  • xfce4-theme-manager
  • fetchmail
  • spamassassin
  • razor
  • virtualbox*
  • tasque
  • skype, skype-call-recorder
  • openssh, sshfs
  • lv
  • w3m
  • nss-mdns
  • amarok
  • audacious, audacious-plugins
  • libcue
  • audacity
  • inkscape-gtk3-bzr

Inkscapeは猛烈に長い。

Zeroconfの設定は、これに加え/etc/nsswitch.confにmdns-minimalを書くこと。avahi-daemonは標準で起動。

Pandoc

相変わらずhaskell-pandocパッケージが入らないので

yaourt -S ghc cabal happy alex

してから

export PATH=$HOME/.cabal/bin
cabal update
cabal install pandoc

PDF出力用に…

yaourt -S texlive-core texlive-langcjk

うまくいった。

TODO

今わかっているのは、Spamassassinのsa_learnで学習したデータを持ち込んでいないこと。

あと、SOXもまだインストールしていない。 それ以外は恐らくは必要になったら足す形で、ゴミパッケージをなるべく増やさないようにするだろう。結局使えなかったものをためこんでしまったからだ。

また、英数キーを押すと問答無用でCapsLockになる、というトラブルも出ている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA