ブログでは4月14日のアーティクルでレポートし、 先日のアーティクルで再インストールという解決方法に至ったことを紹介した。

実際には2月には問題は発生しており、実に4ヶ月以上に渡って、Grubのトラブルということでいえば7ヶ月に渡って悩まされてきた。

この問題はManjaro Forumに、LinuxQuestionに、そしてGoogle+でと訊いていくことになったが、誰ひとりとして解決策を提示することはできなかった。 状況変化に合わせてManjaro Forumで再質問し、再インストールという解決策をとったものの、 結局アップデート時に問題は再発、絶望的な気分を味わった。

だが、そこで気づいたことがあったので、試してみることにした。

  • 再インストール
  • update-grub -> 成功
  • LVM snapshot作成
  • update system -> 失敗
  • LVM snapshotのマージ
  • update-grub -> 成功
  • LVM snapshot作成
  • update-grub -> 失敗
  • LVM snapshot削除
  • update-grub -> 成功
  • update system -> 成功

system upgradeでの失敗によるシステム損傷に備え、巻き戻しを可能にしてきたLVMスナップショット。 実際にこの巻き戻しによってとても救われてきた。 それによってここまで環境を崩壊させず「ダメでした」で済んでいた。

だが、それが原因だったというのか。 LVM snapshotが原因でupdate grubが失敗するなんていうことがありうるのか。 全く関係ないように見えるのに。

とりあえず、完全に解決したのか分からないが、解決したように見える。

これは難題だった…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA