携帯電話キャリアの通信改竄問題(通信の最適化)

はじめに

高木浩光さんがauに問い合わせのがTogetterに上がっている

前編, 後編

これは極めて問題だ。 もちろん、対応者の著しい無知も問題だが、これは一般の人にはまず伝わらない。

ここは問題について絞り込んで説明しよう。

通信の秘匿の侵害

通信の秘密は憲法で保障されている権利だ。

通信はプライバシー権として保護され、それを侵すことはできない。 私人間効力についての議論はあるが、この対象になることについては電気事業法によって定められている。

さて、この厳しさをひとつ見てみよう。

  • 2006年5月にぷららがWinnyを遮断したことを、総務省は「違法」と判断している
  • OP25Bについて「通信の秘密を侵害するもの」と判断している

これらは、「封筒を見ている」という話だ。 通信を届けるために、見ないでいることができない情報を見て、通常の届ける以外の行為を行っていることを問題としている。

だが、ここでの問題はそうではない。 手紙でも、中に写真が入っているか、どのような写真であるかは、封筒の「中」を見なければわからない。

通信でも同様で、エンベロープ(封筒)情報にはデータが画像であるかどうかという情報はない。 それを解いて中にくるまれている本文を読まなければいけない。

たんに解くだけではない。 「含まれるかどうか」については読んでいかなければいけない。 それが人間でなく機械がしているにせよ、それを判定するためには本文も読まなくてはいけない。

auが「メールの添付ファイルも圧縮する」というのなら、それはauは全てのau経由のやりとりのメールをチェック読んでいるということを意味する。 これは、ezwebのメールでなくても、とにかくauのスマホでメールをうけとるか、送るかした全てのメールにおいてだ。

これがもし、TLSを用いたものも対象にしているのだとすれば、それは「暗号化されたものを解読して覗いている」ということになる。 これはさらに別の法律にもひっかかる。

そして、覗いただけでは済まない。 これを改変してしまうのだ。 物理的な手紙でいえば、

封筒を開封して本文を読んだ後、同封されている写真を「これじゃ大きくて飾れないね」といってハサミで切り取ってまた入れて封をして届ける

ということをしているわけだ。 そもそも改変するためには、読まなくては処理できない。 元のデータを見ることなく、そのデータを元に何かの結果を計算することはできない。 X + 10 の結果を実数で出すためには、Xの値が何であるかを知る必要がある、ということだ。

これを気持ち悪いと思わないか? 人間でなく機械だから許される、というものではない。 それだったら、あらゆる通信を盗聴して保存し、検索することなど当たり前にできてしまう。 もちろん、それで「こいつは犯罪性がある」「この思想は悪だ」などとマークしておく、などというか、かつてのドイツのような状況まであと半歩の状態だ。

極めて危険だ。

しかも、近年は権力側で堂々これを踏みにじることを「アリにしよう」といっている。 警察の盗聴などだが、「状況・期間・対象を限定し、裁判所の許可を必要とするから問題ない」などと言っているが、 既に日常的かつ恒常的に盗聴を行っていて、かつそれが明るみに出ても問題だとも思わない、という状況が存在し、その上で公権力はOKということにしてしまったら、憲法が形骸化するのは目に見えている。

改竄自体の問題

改竄自体の問題もある。

例えば、私が地図を送ったとしよう。

地図は大きな画像だ。スマホでは表示しきれない。 だが、縮小して送ることはしない。なぜなら、地名が書かれているからだ。

もし、4倍のピクセルを持つ画像であれば、4倍まで拡大した時に表示されている領域の情報は4倍になる。 しかしドットバイドットの状態、つまり800×600の画像を800×600で表示している状態であれば、4倍に拡大しても情報は増えない。字が見えるようにはならないのだ。

つまり情報の欠落である。

さらにいえば、それがプログラムの一部を構成していたら? あるいは、データをチェックサムで検証していたら? いずれにせよ同一性を要求する場合においては問題は必ず生じることになる。

しかも、これは一方的に行われるものだ。

例えば、ある写真家が、

「自分の写真は完全な状態でのみ公開する。これを他の形式に変換したりピクセルサイズを変更するなどの加工を禁じる」

というみずからのポリシーに基づいた著作権(著作人格権)の行使を行っているとしよう。 その写真家はたとえばauのユーザーではない。auとは関係のない人物だ。 しかし、auユーザーがその写真を見た時には加工されてしまう。 この場合、著作者とauの間になんら契約はなく、auは著作権を侵害する。

ちなみに、画像非可逆圧縮については、同一性保持権に関しても侵害している可能性がある。

実際にそれにより起きた不具合と、それによる対応もTogetterにまとめられている

なぜやるのか

目に見えないのでわかりにくいが、帯域というのは携帯キャリアにとっては「商品」である。

使用量が増えればQoS(サービス品質)が低下するため、利用者離れにつながる。かといって、容量を拡大するのはコストがかかる。

そこで、通信料を減らそう、というのが最近の発想らしい。

これは言ってみれば、水道で、水道管の太さ、水の最大供給量は変えないが、「各家庭の蛇口を勝手に細くして水をたくさん使えないようにしよう」というようなもの。

もっとも、これは質的な問題でもあるから、「ちゃんと浄化するのはお金がかかるから、塩素大量にぶち込むだけにしよう」というようなことでもある。 それをまともに告知せずに行う、ということだ。せいぜい、契約書に「浄水方法はこっちに任せてね」と書いてある程度。

発想や思考形成としては食品偽装に非常に類似している。 なんらかの対応が必要なのは仮に認めるとしても、地位的有利を利用した傲慢な手法である上に、それを隠してできれば騙していたいという考え方に非常に問題がある。

ウィルスバスターでサイトがブロックされる件の顛末

かの有名なtrendmicro社による誤認検知に巻き込まれてしばらくが経った。

発覚が遅かったが、恐らくtrendmicro社は最初にクレームがあった2014年4月から10ヶ月にわたってReasonSetをブロックしてきたのだろう。

他の方の事例

トレンドマイクロの誤検知、フリーソフトの開発を停止に追い込む

そしてそれが発覚し、申し入れをしたのが2月18日。 だが、何の連絡もない。一週間後の2月25日にもう一度申し入れ、それでも対応されないため3月5日にさらにもう一度申し入れをした。

そしてようやく3月5日に返信が来た。

トレンドマイクロ製品をご利用いただきありがとうございます。

弊社が提供するWebサイト評価について、評価内容変更のリクエストをお送りいただきありがとうございました。

対応が完了しましたので、結果をご連絡いたします。

修正されたが、それで済む話だろうか。

当然ながら、重大な営業妨害だ。

Aki SI&Eにコンタクトを約束したものの、その後連絡がない方はとても多い。 その中のすべてとは言わないまでも、サイトをみようとしたらウィルスバスターに阻まれ、 私、あるいはAki SI&Eを警戒して離れた方も多いはず。

さらに、発覚後はその対応のためにインフォメーションの印刷や、それをホッチキスでとめる作業など、かなりのコストが生じた。

業務に著しい支障がでているので直ちに対応してほしい、ということを再三申し入れたにもかかわらず、3週間以上何の返信もなく、 それでテンプレートで返すとは何事か。

他者に損害を与えているという自覚もないのだろうか。 なんだか殿様気分でいるようだ

損害賠償請求でもしたほうがいいのだろうか。

トレンドマイクロ社に再度申し立て

先週水曜日にトレンドマイクロ社に、ReasonSetがスパムとウィルス配布を行っている危険なサイトである、という判定によりブロックされている問題を受けてその反論をしたためて申し立てを行ったのだが、一週間経って以前回答がない。

そこで今日、再び申し立てを行った。

業務に大変な支障が出ているので早急に対応してほしい、という内容。 少し強く言うことにした。

こういうのは早急に対応されるべきだと思うのだが…

当サイトがウィルスバスターにブロックされる件について

当サイトがウィルスバスターによってブロックされる、という話は去年にもう聞き及んでいたのだが、その時点ではSSL証明書がルート認証局の署名をとっていないのが原因だろうと判断し、HTTPSでのアクセスをできないようにした。だが、2/16に依然としてブロックされるという情報が入り、調査したところ、どうやらウィルスバスターの「よくある誤検知」であるらしい。


同様に誤検知された方のブログ

このサイトはまだ、iPhoneのJailBreak(自身のiPhoneに標準でかけられている操作上の制約を解除し、iPhoneの管理者権限を取得する)に関する話題を取り扱っているのでわかるといえばわかるが、まっさらなサイトがターゲットにされることも。


新しく取得したドメインに初めてアクセスしたら、ウイルスバスターに「安全ではない」と警告された!

ウィルスバイターの(トレンドマイクロの)暴挙は有名で、

Slashdotで記事にもなっている

そもそも、スパムとウィルスの配布を行っているサイトだと言うのだが、当サイトはメールマガジンの配布すらしておらず、ドメインはスタッフのみが所有する。また、当サイトは何らソフトウェアの配布を行っていない。極めて言いがかりだ。

トレンドマイクロは頻繁に政治的圧力をかける。例えば2014年秋にはキュレーションサービス(2chやTwitterなどの発言をまとめたサイト)を一斉に有害なコンテンツのサイトと認定、そのほかWindowsの詳細設定を変更するツールをウィルスとみなし、最も危険なソフトウェアはCRPM解除ツールだと言う。

ちなみに、CRPM解除ツールを説明すると、いわゆるcopybreak、コピー防止機能を無効化するためのものである。日本においてはその配布、使用共に違法だが、本来私的複製は認められるべきものであり(日本ではデジタルデータの私的複製自体を禁止している)、これを禁止している先進国は日本くらいのものである。そして、トレンドマイクロは決して日本ローカルな企業ではない。

仮に倫理的側面で反対するという立場をとるにしても、それが「セキュリティ上脅威である」という判定は著しく不当である。「あいつのやり方は嫌いだ」という理由で「あいつは詐欺をしている」と社会的信用を背景として吹聴しているのだから。

風評被害を振りまいた上で「やめてほしければ金を払え」というやり方はひどいものだと思う。この「金を払え」はトレンドマイクロに直接支払うものではないが、かなりの金額である。当然ながらそのようなことができるのは大手だけであり、

そもそも風評被害を振りまいて、やめてほしければ金を払えというのは「反社会敵勢力のやり方」ではなかったのか?

まずは異議申し立てを行った。改善がみられなければ、訴訟しかあるまい。

HARUKA Sound/Aki SI&Eの正木と申します。

当サイトが危険である、との判定によって業務に多大な支障が出ております。

当サイトは所有するドメインによるメールアドレスは現在すべてスタッフ所有のものであり、メールマガジン、メーリングリストを含むマルチキャスティングは一切行っておりません。

また、サイト上でプログラムの配信を行っている事実もなく、技術的な内容の記載、業務のご案内を行っているものです。

早急に修正されますようお願い申し上げます。

インターネットは既に死んでいる

私はインターネットは1992年(商用インターネット開始より以前)からやっている。自宅インターネットは2000年からで、それ以降は本格的にやってきた。また、単に部分的に使うというよりも、文化・人事的側面に強い関心を持ち、それに関わってきた。

しばらく触れない間もあったが、それでもネットがどう移り変わってきたのか、どういう文化が形成されていたかということは知っている。そこで、現状について定点観測的見地から述べたい。主張が入っているし、多分に主観的な批判を含むことをご了承頂きたい。

まず重要になるのは、インターネットとはそもそも何か、ということだ。軍事目的であり、今も米軍の支配下にある、という陰謀説的神話を持ち出したがる人は多く、この都市伝説は未だに広く信じられているが、これは事実ではない。そもそも出発点からして、軍事目的とは言えなかった。きっかけはスプートニクであり、ソ連に対抗するためであったが、政治目的と軍事目的と科学者と科学好きが混沌を繰り広げた結果、the Internetプロジェクトは早々にARPAのすみっこにあるだけの「居候」へと追いやられている。結局、研究をはじめるためのきっかけと環境整備を国が(政治または軍事を目的として)やった、というだけのことになった。

origin達の考える「インターネット」はまとめると次のようなものだ。

  • 自由
  • より民主的
  • 対等
  • 政治・国家に対して独立

だからインターネットは非常にUNIX的であり、またHacker的なものだ。もともと、Origin達はhacerであり、さらにthe Internetが発展する過程では多くのUNIXサイトがつながっていくことでネットワークが形成されてきた。つまり、インターネット文化の根底はUNIX文化でありhacker文化だと言って差し支えない。

インターネットの中で重要なのは何か?といえば、結局のところこれらがひとつのことを指していることからも分かるだろう。個人が主体性を持ち、すべてが対等である自由だ。何かを決定する「偉い人」などなく、マイノリティが差別されることもない、そういう世界の構築だった。事実、インターネットの規格であるRFC(近年はRFCが新しいインターネット技術の標準となる例は聞かないが)は誰でも投稿はできるし、合意が形成されれば採用される。NWGは、寝ることも忘れてしまう科学者たちが、肩書やしがらみに関係なく、自分の好きなことを大いに語り、議論をかわし、そして合意が得られたものは形になる、というものだった。

もともとインターネットは「一般のもの」ではない。アメリカで商用インターネットが始まったのは1992年、日本では1993年だ。この時にようやく「金を払えばインターネットに接続できる」時代がやってきた。それまでは大学、研究者、インフラを構成しているサイトによって成り立っていた。ちなみに、大学ではインターネットよりもUSENETが先行していた。今や公共ネットワーク=インターネットだが、もとよりそうだったわけではなく、もっと色々あった。しかしいずれにせよ、当時コンピュータネットワーキングをやっているというのは、技術者でもなければ好き者(エッジユーザー)に決まっていたので、その文化はかなりの共通性が見られたのは言うまでもない。

つまり、Real Worldにおける地位や立場、あるいは権力や国家といった上下や強制とは無縁の、独立した民主的な世界(ここで「民主的」というあたりがアメリカ的だと思う。ただし、実際は共和主義に近い)が、地理とは別の世界を構築することで実現できる、そんなひとつのユートピアだった。科学者的な夢想でもある。

だが、近年は極めて政治や司法の介入、制御をしたがる。根本的に地理で区切られるReal Worldとは構造が違うにもかかわらず、同じことを無理矢理にあてはめようとしている。それだけでもインターネットは死んだといえるのだが、それだけでなく人々が現実における立場や地位や権力を振りかざしたがるようになり、ネットの独立性を尊重しなくなったことによっても死んでいる。

the Internetは今や全くおもしろくない。かつての居心地の良い、侵害されない空間とは異なる。Real Worldにおける侵害、迫害がそのまま持ち込まれ、例えば貧乏で地位もないという人が対等な条件で勝負できる環境であってインターネットは、既にそのReal Worldにおけるディスアドバンテージを継承することを強要するものとなっている。

私が「インターネットの様子がおかしい」と言い出したのは2002年だが、やはり急速に死に向かっていたことを確かめざるを得ない。

そうしたこととは別に感じるのが3点

  • よそよそしくなった
  • 民度が下がった
  • リテラシーが下がった

最後のリテラシーが下がった、ということについては、コモディティ化と同一の現象であると考えていいだろう。分からないから調べる、分からないから考えるでなく、わかろうとも思わないし、自分の都合のいいように理解し、それと異なるものは排除する、という傾向はコモディティ化にともなって浅識なカジュアル層が増えることによって避けられないことだ。the Internetやその文化について知らないという問題よりも、そもそも頭を使わないという問題があるが(例えば、インターネットが公共の場である、ということを一切無視し、自分の知り合いでない人に見られることに対してキレたりする、などだ)、それは必ずしもコモディティ化が理由ではない。だが、敷居が下がって、思考を持たない人で入ってくれるようになってしまったというのはあるだろう。人々が「考えなくなった」というのはインターネットとは別の次元で感じるが。

しかし、前2つは理解しがたい。1つ目について、「事件が多いから」などと言いたがる人は多そうだが、それはあまり関係ない。チャットやSNSでも「暇」「暇つぶし」という言葉ばかり並び、会話することに対して極めて消極的だ。以前は、インターネット上では多くの人々が会話に対して貪欲だった。ビジュアルがない分、相手の人間性に食い込もうとするのが普通だったし、人間性から入る分、パソ婚の持続性は高かった。だが、現在は極めて淡白であり、会話する意思自体が希薄だ。「事件があるからインターネットをコニュニケーションツールとして使っているにも関わらずコミュニケーションを求めない」というのは理由になっていないので成立しない。例えば、Twitterは一方的な発信であり、内容もspam率(内容のない発言)が高い。「Twitterに慣れたのが原因だ」という言い方もできる事象だが、実際はそのような精神性に対してTwitterの希薄さ、一方的である部分というのがマッチしたから流行ったということではないかと思う。Twitterのコミュニケーションはチャットと比べ著しく密度が低い。ちなみに、SNSはコミュニティ系のものほとんどマイルール的儀礼の押し付け合いしかみられない。これは、Mixiの当初からあったことなので、もはやSNSの宿命なのかもしれないが。

もちろん、ひとつの見方として、Mixiが流行りだして世の若いOLさんもカフェでおしゃれなランチを食べながらMixiをするのがオシャレ、というようなよくわからない風潮になり、そそもインターネットが何でどう使うのかという意識がないまま使い出した(そういう人はチャット全盛よりもあとの時代に入ってきた人なので、意識がないまま使っていたとしても、それは発信ではなく一方的に受け取るだけだったろう)ということも問題なのかもしれない。インターネットでコミュニケーションをとる意思があるわけではないのだが、皆やっているからという理由でコミュニケーションツールを使うために、実のあるコミュニケーションにならない、というわけだ。

だが、これは答えをくれない憶測だ。なぜならば、LINEは多くの場合ある程度の目的意識を持って使われるのだが、LINEのログで出ているものをみても、多くの場合希薄だ。もちろん、Twitterなどのように「ほとんどの場合内容がない」ということはないし、現在のチャットのように「たいてい会話も成立していない」ということもないのだが、それでもかなり双方向性が乏しいと感じる。以前のチャットならばもっとがっつくようにコミュニケーションを求めていた。結局のところ、人々は積極的かつ濃密なコミュニケーションを求めなくなった、という精神性に答えを求めざるをえない。

民度が下がった、ということについては、以前はインターネットで罵詈雑言を並べ立てるようなことはなかったし、差別的な発言というのもあまり見なかった。もともとキャラクタベースのコミュニケーションで、語られることの何が真実か検証することはまずできないという中だったので、差別のしようがなく、そのためにUSENETであれコンピュータネットワークコミュニケーションに慣れると差別しなくなる、というのがあったため差別意識の低下という現象が見られたというのはあるのだが、ともかく(対等であるために馴れ馴れしいというのは別として)基本的には礼儀正しかった。けなす言葉もまず見なかったし、そのようなことをするにしても、嫌味を言うなど遠回しな方法が使われることが多かった。2ちゃんねるはかなり異質で例外的な存在だった。だが、現在はYouTubeのコメント欄にせよ、Twitterにせよ、とにかく差別的・排除的な罵詈雑言が並ぶ。自分こそ絶対善で、異物は排除されるべしという発言があまりにも多いし、死ね、一生刑務所に閉じ込めておけ、といった人のことをまるで考えない排除の言葉が並ぶ。そのための威力行使も度々みられるようになったし、排除する、叩く口実がある相手を見つけると嬉々として人格や人権を否定して大勢で騒ぎ立てるのが当たり前になっている。複数のケースにおいて騒いでいる人が同一という可能性は多いにあるが、それでも一部の少数の人だけとは考えられないだろう。今はそれほど対象となるものは少なくない。かつては人格攻撃は最も恥ずべき行為として指弾されていたのだが、今はたしなめる言葉もまず聞かれない。

これに関しても、例えば2ちゃんねるがコモディティ化したことそのような文化にネチズンがなれ、そのような生態を持ったのだ…と解説することはできるが、これもやはりそうではないだろう。なぜなら、ネットだけでの現象でもないからだ。やはり、これも精神性に対して答えを求めざるをえない。

そして不思議なのは、変化の過程においても度々言及してきた通り、「同じ空間における定点観測」のみならず「同じ人物に対する観測」においてもその傾向が顕著に見られる、ということだ。その場合、通常は何かに染まったとかんがえるべきで、それが広く見られる以上はネット空間のような(あるいはもう少し限定して「Twitterの普及」のような)普及しているツール、環境の変化である、とかんがえるべきだが、それでは卵が先か鶏が先かという問題になってしまう。私がわからないものとしてはTVがあるが(私はTVを持っていない)、たとえTVの業界や関係者がそうした傾向を持ったのだとしても、それは人がやることなのであり、なぜその人たちがそのように染まったか?という点を問題にすればやはり同様である。

「なぜ」という部分は推測はできるが確定はできないのだが、ともかく随分と息苦しく殺伐とした世の中になったものだと思う。かつては例えReal Worldが腐っても、インターネットには私達が作る理想郷(未完成)があり、そしてそれはReal Worldを変える力を持っていたが、今やすっかりReal Worldに侵略され、滅ぼされ、占領されてしまった。

私達が知るインターネットは既にない。今インターネットと呼ばれているものは、Real Worldで地位や権利をもった人々が侵略し、占領した世界だ。

ある場所を見ると、かつてそこにいた人々はいなくなっている。彼らがどこに行ったのかはわからない。だが、そこでのコミュニケーションが嫌になって離れたということは想像に難くない。今はインターネットなしでは生活できないはずだが、コミュニケーションは避けているということだろうか。

心ある人々はどこへ行ったのだろう。