Windows 10について

悪名高いWindows 10をある程度使ってみている。
とりあえず、それで思ったことをまとめてみよう。

OSとしての進化

一般の人の中にはOSの進化を頑なに認めない人がいるが、元々Windowsが(それ以前にMS-DOSが)ひどい代物である以上、修正すべき点は多い。低い生産性は人類の進歩を妨げさえする。

だから、Windowsはどんどん改善してもらわないと困る。

純粋にOSとしての点をみれば、それが正しいかどうかはともかく、かなり良くなっている。
「ここはこれがおかしくて、こうあるべきだからこうしてほしい」という点は山ほどあるのがWindowsだが、その望まれているあるべき解決方法ではなく、なぜか全然違う方法で提供して、「なんでそうなった!」と突っ込まれるのは恒例なのだが、今回もそのような変更点は非常に多い。

いつまで経ってもfork(2)をサポートしないこととか、まともなシェルを用意せずに、明らかにシェル、端末として使いようのないPowershellを導入したまま放置していることとか。

私はWindowsアプリは書かないし(書くとしてもクロスプラットフォームレイヤ上で)、コアな開発者でもないため感じることは少ないが、「クロスプラットフォームレイヤのWindows環境下での制約」という形で困る。

そういう内部的なことは置いておくとしても、Windows7以降で改善された点として

  • ISOファイルのマウントが可能になった(Win8)
  • 通知機能がまともになり、通知履歴が見られるようになった
  • すべてのUI部品が(一部は仮想的に)スケーラブルになった
  • Win + cursorによるquick tile機能が8方向タイルに対応した(現在位置に基づくタイル。Cinnamonと同じ)
  • IMEスイッチャが搭載された(Windows+Space)

使い勝手

Windows 10の使い勝手そのものは改善しているといっていい。

UIについて考えてみると、基本的な部分はWindows XPの時点で既に完成されていた。Windows 95の時点で基本的な部分はできあがっていたが、見た目がチープであることと、たどりにくい階層構造が難点だった。
Windows XPではテーマ制を導入(Visual Styleの変更はパッチ当てが必要)、簡易なものではあるが、デスクトップ検索も追加している。
また、ウィンドウのタイル表示も可能になった。

Windows Vistaでさらなる改良が行われたが、本質的な進化というよりも、変化であるという面も大きかった。
Windows 7でアイコン式のタスクバーになったが、これも元よりそうであるべきだったというものではない。選択できるなら機能追加だが、選択できないので単なる変更だった。

明らかに改良された点は検索機能が強化され、ポータブルアプリの起動にランチャが不要になったという点だが、スタートメニューの構造やタイルの仕様変更などは、変更でしかないように感じられた。

ちなみに、Windows 7からはWin + Cursorによるquick tileが可能になった。ただし、Windows 7では左右のみだ。

Unix系デスクトップはこの時期、何を取り込んだのか先行したのかわからない機能を数多く導入している。quick tile機能はKDE4, Cinnamon 1.0の導入なので恐らくWindows 7のほうが早い。入れ替え式階層メニューはWindows Vistaが早いが、KDE Plasma 4のものはまた違うし、Cinnamonもさらに違う。また、MacのExpose相当の機能はCompizが入れたため、Windowsよりも早い。

だが、Unixデスクトップで考えても、機能的にはGNOME 2あるいはKDE3で既に完成していた。これらはWindows 95のUIを参考に発展したものであり、その後は細かな機能追加に過ぎないと感じている。

変化を求めている部分もあるし、変化に応じている部分もある。だが、どちらかというと、Microsoftは変な先読みをしている、というよりも自分がスタンダードを作るのだという妙な気負いがある。

それが、Windows 8でのスタートメニューを廃止してModarn UIを導入したことにあらわれているのだろう。奇抜だが、真新しさの演出と、Windowsがやればそれが普通になる、という考え方に基づくのだと思う。

結果として失敗した。実際に問題点が多く、使いにくかったということもあるが。

Windows 10のスタートメニューはその修正だと考えていい。スタートメニューとModarn UIを一体化させたものは、確かにある意味では使いやすいが、目新しいものであるというよりは、Androidスマートフォンで見慣れたものになった。

Windows 8からのフラットUIもより推し進めてはいるが、やはりデザイン的にリッチさに劣るように(個人的には)感じられるし、特に見やすくなったわけでもないため、単なる変更だろう。

機能が一体的に提供されるようになったために、それに従うかどうかだが、「Microsoft製のOS(Windows)で、Microsoftが推奨する音声エージェント(Cortana)を使用し、Microsoftのサーチエンジン(Bing)を介して、Microsoftのブラウザ(Edge)で開く」のであれば使いやすいのだ。

だが、これはAndroid同様のリスキーな面を持っている。

ケータイ化・個人情報商売という悪夢

Windows 10において問題なのは使い勝手ではなく、この2点だ。

Windowsは統合的な環境になった。基本部分ではなく、ユーザーのすべてを「Windowsが」提供しようというのだ。

そこには、メールやスケジュール、あるいはSkypeやTwitter, LINEさえも含まれる。
WindowsストアアプリはWindowsから独立ではなくなった。言い換えると、Windowsストアアプリに提供されている情報はMicrosoftにも与えられる、という形になった。

Windowsに、言い換えればMicrosoftに依存して生活するのであればこれは便利な機能だ。もちろん、Windows Phoneも一緒に。検索エンジンはBingだ。

だが、これはありとあらゆる情報的ライフライン及び情報そのものをMicrosoftに掌握させることを意味する。事実、Windwos 8.1ではデフォルトでオフだった、利用状況や入力内容の送信など、プライバシー上重大な懸念のある機能が、全てオンの状態になるようになった。

しかも、コアな利用状況のレポートは、送信をオフにするとWindowsが動作しないという理由をつけて、必ず送信させる。

ありとあらゆる情報を収集し、個人を監視するような行動は、これまでGoogle及びAppleがとってきたものだ。それと比べるとMicrosoftは穏やかなやり方をしてきた。

だが、今回Microsoftは積極的にプライバシーを手に入れようとしている。Web, Twitter, Facebook, Skype, LINEはもちろん、電話からメールまで全てだ。

それに合わせて規約も、メールの内容を読むというものになった。
また、利用には基本的な部分でMicrosoftアカウントと紐付ける必要がある。完全に個人を特定し、追跡できるようにするものだ。

これらのプライバシーに対する重大な懸念を、私は今回最も問題視する。

また、ケータイの場合はそうした統合的な機能を求める傾向があるのだが、Windows 8で学んだはずの「スマートデバイスとの融合は不自由を生む」ということを無視して、より融合を進める方向になった。

電話だのSNSだのといった機能は、Skypeと連動させることでパソコンでも利用可能なのかもしれないが、明らかにコンピュータの使い方としてそれは重要な部分ではない。それを中心に据えられるのは非常に迷惑だ。

また、パーソなりゼーションを進め、SNSの情報を常に表示し、ニュースを表示し…といった機能は、ビジネスシーンで使われるWindowsということを一切無視しているとしか思えない。

その意味で、ものすごく使いにくくなった。

KDE Plasmaも、KDEアプリケーションを使ってこそという部分はある。KDE PIMとAkonadiだ。
だが、使わないという選択肢はある。その場合、Plasmaを使う魅力は大いに損なわれてしまうのだが、普通のデスクトップ環境としては使うことができる。

今回のWindowsは、その選択権がない。ちなみに、しょっちゅうデフォルトのアプリをMicrosoft製のものに変えられるようになった。ブラウザがEdgeにされるのは日常茶飯事だし、IMEはデフォルトを完全に無視してMS-IMEを選択する。

アカウント

Windows 10ではアカウントが、コンピュータ上のローカルアカウントとMicrosoftアカウントの二種類がある。

ローカルアカウントをMicrosoftアカウントに接続することで、ローカルアカウントとして使いながらMicrosoftアカウントを要求するストアアプリを利用するといったことも可能だ。

だが、Microsoftアカウントでは、ログイン(今回からローカルアカウントでも「サインイン」という表現になった)時にオンライン認証をする。
そのため、インターネットに接続されていなければコンピュータを利用すること自体できなくなった。

デスクトップアプリとストアアプリ

ほぼ全てのプログラムに「デスクトップアプリ」と「ストアアプリ」という区別ができた。

Windows 8にもあった区別ではあるが、ストアアプリを使う機会が設定しかないということもザラにあったため、目立たなかった。

今回、多くの機能がストアアプリに移行したため、この区別が重要な意味をもつようになった。また、ストアアプリがウィンドウ表示できるようになったというのも大きい。

これにおいて重要なのは以下の点だ。

  • ストアアプリは事実上Microsoftが全権を持っている
  • ストアアプリではIMEがストアアプリに対応しているMS-IMEしか使えない
  • ストアアプリはオンラインアカウントとひも付けて実行される

表面から消失した機能

コントロールパネルが隠されてしまっている。
これは検索から起動できる。

これは、ストアアプリの設定を使わせるということなのだろうが、全項目があるわけではなく、重複があったり、片方にしかないものがあったり、表現に整合性がとれていなかったりと非常にわかりにくくなった。

設定に関してはgodmodeも追加された。これは、コントロールパネル的なデスクトップアプリのフラット版だ。

まだ、ログオフがメニューから消失した。
Windows 10はオンラインアカウントでのログインを原則としているため、サインアウトに変更されている。

logoffコマンドが存在するため、logoffで検索すれば抜けられる。あるいは、CAD(Ctrl+Alt+Delete)からでも良い。

総括

OSとしては妥当に進化した。あまりにもスマートフォンを意識しすぎて、デスクトップコンピュータとしての使い勝手が著しく損なわれた程度で、別に悪くなったとは言わない。

全てはログインを「ログオン」という表現から「サインイン」という表現にかえたことにあらわれていると思う。

今やWindowsを使うということは、Microsoftのサービスを利用するということとイコールなのだ。

これまではWindows上で他のサービスを利用することも当たり前だった。だが、これからはそうではない。WindowsはMicrosoftのサービスを使うことを強要する。Appleがそうしたように、ロックインして競合する他のサービスの利用を不能とする可能性もないわけではない。

既に、Windowsを起動すれば当然にGoogle Chromeが起動し、Google日本語入力で文章を打ち…ということはできなくなった。Edgeに変更された設定を戻し、Google日本語入力に切り替えなくてはならない。

また、Windows上で行う作業は当然に秘密が保たれていると信じていただろう。これからはそうではない。Windows上で行う作業は、須くMicrosoftが知りうるものなのだ。

こうしたことをどのように考えるかによって、Windows 10が良いものか悪いものかの判断ができるだろう。

クッションインソールの比較

私は足首が弱い。ものすごくぐらぐらしていて、家の中で歩くだけでも捻挫してしまったりする。くじいた感覚がなくても、着地のショックで痛めていくのだ。

このため、靴へのこだわりが強い。こだわりが強いというよりも、こだわらなければ負傷してしまうし、歩くことができないのだ。

昔、エアジョーダンなどエアクッションの入ったシューズがあって、それを試したこともあるが、不安定で余計にくじいてしまった。スタビリティが高く、衝撃はやわらげる、そんなシューズが必要だ。そして、行き着いたのがNewBalanceである。

NewBalanceで本当にいい靴を選べばダメージはごく小さくできる。例えばM576。あるいはM2040。だが、それは本当に高い。私はM990v3を履いているが、アウトレットでもこれは高いので複数なんてとても持てない。しかも、M990v3でもまだ足を痛めるのだ。

そこで、さらなる強化策としてインソールを活用している。そして、それを色々試したインプレッションをお届けしたいと思う。
なお、試した組み合わせは以下のとおり

  • Sofsole + M990v3
  • Finoa Impact + M990v3 / M560 / M1090
  • Finoa Running + M560
  • NewBalance RCP130 + M1090
  • NewBalance RCP150 + M1090

なお、「硬い」という言葉の定義が問題となるため、定義しておく。
これは、クッション性がない、あるいは地面の感触が伝わりやすい(クッション性がなく薄い)ことを指して言う人がいるためだ。
私は、あくまでも変形量と変形時間に基づいて素早く衝撃を吸収し、また圧力が加わることによる変形量が少ないもの、つまりふらふら、むにむに感がないものを指している。
NewBalanceのENCAPやC-CAPは硬いが、衝撃吸収性は良い。

Sofsole

クッションインソールはもうだいぶ淘汰されてSofSoleしか残っていない感もあるが、私はいまいち合わなかった。

スタビリティが足りない割にクッション性もいまいちで、走るとぐらぐらして、しかも拇指球のあたりが痛い。
私は拇指球が着地点なので、ここが損耗するし衝撃もかかる。足首へのダメージを減らす方法なのだが、先端部にしっかりクッションが入っているものは少なく、貴重だ。

モデルは忘れてしまった。

Finoa Impact

Finoaのインソールは拇指球にもしっかりと拡張クッションが入っているため非常に良い。
私が最も気に入っているのがこのFinoa Impactだ。

踵と拇指球はエアクッションが入っている。そのため、非常にソフトなイメージがあるが、実際は非常に硬質でスタビリティが高い。ぐらつきのごく少ないフィーリングだ。

衝撃だけでなく圧力にも強い。長時間立っていてもあまり辛くないのが魅力だ。硬いので衝撃吸収性が悪そうに思えるが、そんなことはない。

非常に魅力的なのだが、問題が2つある。

まず、重い。なんとMサイズ片足で85gもある。そのため、長距離歩行による疲労は増してしまう。それにランニングシューズには向かない。スピードが出ない。

もうひとつは、非常に厚い。かなり余裕がないと入れられないレベルだ。

Finoa Running

ランニングというからには軽く薄いもの…をイメージしたのだが、だいぶ違う。

Impact同様2種類のクッションを採用するが、Impactと違いエアクッションではなく、ラバークッションである。
だが、Mサイズ片足75g。暑さもImpactよりは薄いが、それでもだいぶ厚い。75gもあるとminimusに入れるとその性能をかなり殺してしまう。

フィーリングはかなり違う。軟質で、かなりむにむにしている。体重をかけるとむにーっと沈むフィーリングだ。
だから、着地フィーリングもImpactとくらべてソフト。クッション性は負けていない。

何より、このむにーっとしたフィーリングは実際ランニングに適している。結構な反発力があって蹴りやすいのだ。
ただし、脚力のある人ならばこの沈み込んでから蹴りだすまでの時間がロスになるために、走りにくくスピードを削ぐかもしれない。

M560と組み合わせるにはちょうどよく、クッション性がいまひとつで足が痛くなりやすいM560でも普通に使うことができるようになった。Impactではやや辛いので、クッション性はRunningのほうがいいのかもしれない。

RCP130

NewBalance純正で、見た目にも触感もノーマルインソールとほとんど同じという、REV-LITEでできたインソール。
M1090をはじめとするMinimusに採用されているのがREV-LITEで、本当に軽い。
このインソールもクッションインソールでありながら、Lサイズで17gと極めて軽量。

だが、残念ながらノーマルインソールとあまり違いを感じられなかった。
NewBalanceユーザーのカスタムとしてはいまいちかもしれない。

特に圧力がかかった時にうまく分散してくれず、電車では辛かった。

RCP150

NewBalance純正で、こちらはABZORBでかかと部分にスタビライザーが入っている。
ABZORBはNewBalanceがランニング用に使ってきたクッションだ。軽量でやわらかく、クッション量が少なくてもクッション性を確保できる。

RCP130よりも若干厚く、Lサイズで35g。特に踵部分はボール状にクッションが入っている。
重量的にはminimusに使うには限界だろう。

RCP130と比べると明らかにクッション性は良い。
フィーリングが、RCP130の明らかに薄くストロークのない感じではなく、NewBalanceらしい、少ないストロークでしっかりと衝撃を吸収して止める、というフィーリングになっている。

だが、ずっと踏まれると拇指球あたりが痛い。前側は結構薄いので、性格的にはランニング用、それもミッドフット接地前提か。

重さや厚さに制約がある環境下では非常に優秀。
M1090にはベストチョイスではなかろうか。

Aukey 防水スマートフォンポーチ PC-T6

Aukeyよりご提供頂いたモニター、今回は防水スマートフォンポーチのPC-T6だ。

防水スマートフォンポーチは、単純に密閉できる導電性ビニールの袋があれば良いため、非常に単純で、100均でもおなじみのアイテムではある。
しかし、100均のものは単一素材で、しかも折り返す構造のため、どうしても端が避けてしまう。耐久性がないのだ。
もっとも、それでも少なくとも機能はする。使用する状況が限定的であればこれで事足りる。使い心地は別だが。

AukeyのPC-T6は、そこまで高価ではなく、耐久性があれば良い買い物だろう。
フィルム部分とケース本体は別素材で、止水部分がまた別パーツとなっている。ケース本体、黒い部分はPVCっぽい素材で、耐久性は高そうに見える。もちろん、結合部分の問題なのでこれだけでは判断できないが、結構幅広く接着しているため接着強度は高いように見える。

止水パーツがあまりバチッと止まらないので、不安を感じるものだったが、あらゆる方向からかなり高い水圧でシャワーをかけつづけてみたものの、浸水は全くなかった。防水性能には問題はない。

背面部にも窓があり、これはiPhoneを想定したカメラ窓らしい。

そして、特筆すべきはストラップホールとアームバンドホールがあり、ストラップとアームバンドが付属していることだ。

アームバンドは水を吸う素材なのでサンプル写真のようにサーフィンで使うにはお勧めできない。
だが、アームバンドが通せる、ということが大きい。
通せるのであればビニールバンドに交換したっていいし、バイクに搭載しやすいのだ。

そして、この防水ケースにはコンパスがついている。
まさにバイクのためにあるようなアイテムだ。

走り慣れてくれば、走行中に見るのはコンパスとコマ地図だけでいい。
地図は降りてみればいいし、最低限コンパスは必要だ。

だが、近年は電子デバイスが多く、しかもコイルの多いバイクに搭載できるコンパスというのはなかなかない。
このコンパスは水平機能は若干だがあり、タンクの上面くらいなら使えそうだ。
精度は、さすがにサーバールームとなっている私の自室では狂ってしまうが、室外に持ちだせば正常に機能した。
スマートフォンを入れた状態でも狂いはない。

アームバンドを通すことができるようになっているため、タンクバッグにくくりつけるのは非常に容易だ。
これは、バイク用ガジェットと言ってもいいのではないか。

私は防水スマートフォンを使っているため、防水ケースを使う機会はそれほど多くない。だが、防水スマートフォンだが、特にWX11Kのほうは濡らすと悪影響が出ることが分かっている。
水場に持ち込みたい場合は、防水スマートフォンケースは非常に有用だ。

100均のものも、エマージェンシー的に持つには悪くないが、ちゃんとしたものはやっぱりいい。
バイク用アイテムとして使えるアイテムだ。

モバイルバッテリー Aukey PB-N37

Aukey

Aukeyというメーカーをご存知だろうか。

Amazonに多くのアイテムを出品しており、主にスマホなどデジタルガジェットに関連したものを扱う。
Amazonでは有名なANKERと名称が似ていること、ANKERと同じ中国のメーカーであることから「ANKERの偽物」という人も多いが、企業としては2005年設立とANKERよりも古い。
ただし、Aukeyブランドは2013年からで新興ブランドである。会社の雰囲気としてはベンチャーという感じらしい。2010年、ebayで2010年、ドイツ売上1位になったことがあるほか、世界初QC2.0 2ポートUSBチャージャーをリリースしたらしい。

中国の深圳市が本社で、ヨーロッパをメインターゲットにしているようだ。

私はVolutzを使っているが、USBチャージャー、及びUSBケーブルを購入する際に候補として検討したことがある。特にバッテリーなど給電関連のアイテムが多い。

Aukeyというメーカーは、日本でも聞くことができるような苦労話が豊富にあるようだ。地道にがんばってきた世界に挑む町工場、という感じか。

中国製品は全て悪い、というイメージを持つ人もいるが、貧乏とキワモノ好きから中国製ガジェットを使う機会の多い私の感覚でいうと、中国製品は真面目に作っているものとそうでないものの落差が激しい。
日本でも粗悪品を売って金儲けしたいと考える企業はある。中華ガジェットは粗悪なもの(ハズレ)か、安価なすごいもの(アタリ)かという感じだ。
だが、すごいものというのは、確実な高品質というよりは、工夫や非常にトリッキーな技術で作られていることが多く、歩留まりや不良も多く、耐久性はいまひとつ、といった印象だ。

Aukeyについては、「中国の真面目な企業」というイメージを持っている。

バッテリー

そんなAukeyより、モニターのご提案をいただき、モバイルバッテリー PB-N37をご提供いただいた。

まず、モバイルバッテリーというものについて解説しよう。

根本的に、バッテリーの容量、重量、特性はほぼ素材で決まり、結局は技術的ブレイクスルーがない限り、容量に対する重量、大きさは決まってしまう。
そのため、容量が同じであれば、大きさ、重さで差別化することは難しい。
携行性を求めれば容量は小さくならざるをえない。

PB-N37は5000mAhというサイズである。

私は20000mAhクラスのANKER製バッテリーを持っている。
これは、Raspberry Pi用に買ったものであり、携行を前提にはしていない。
だが、充電不足のために携行したこともある。しかし、20000mAhは単独で持つと気にならないが、バッグの中にいれると随分とずっしり感がある。容積もある。

ちなみに、リチウムイオンバッテリーは振動を与えると発熱し、膨張の後爆発する。
実際、携行にはあまり向かない。バッグの中でがっしゃんやったくらいで問題になるとは思わないが、空輸時はコーションシールを貼らなくてはならない。

「充電を忘れた場合に予備バッテリーが欲しい」という程度であれば20000mAhもいらない。
iPhone 6sは2750mAh、最強クラスのArrows NXは長時間駆動のために3120mAhのバッテリーを積む。
一方、元々4.0inchとコンパクトな私のWX04SHは2080mAhとバッテリーは小さいが持ちはいい。基本的に、画面が大きく、性能が高くなるにしたがってバッテリーが大きくなっているようだが、モバイルバッテリーはおよそ容量の70%程度給電できるため、20000mAhというと、WX04SHだと7回フル充電できるレベルである。
そこまで激しく使いながら長時間電気が獲得できない生活は、普通はないと思う。

5000mAhは給電量70%で3500mAhというと、大抵のスマホは0からフル充電が可能で、小さいバッテリーを積むものであれば1.5回程度充電できることになる。
5000mAhというと、かなり長時間、激しく使う場合であってもバッテリー切れを防ぐことができる。あるいは、充電を忘れてバッテリーがない状態であっても、フル充電したかのように扱うことができる。

PB-N37

PB-N37は5000mAhの、円柱形のモバイルバッテリーである。

軽量、コンパクト…といいたいところだが、5000mAhというとそこまで軽くコンパクトなわけではない。
口紅並、という触れ込みだが、実際は口紅をイメージしていると、サイズ、重さとも裏切られることになるだろう。
ちょうど手で握るのにちょうどいいくらいのサイズで、ものすごく軽いわけではなく、かといってどうしても気になるほど重いわけでもなく、微妙だ。

携行性を重視するのであれば3000mAhクラスが欲しいところ。携行性を確保しながら安心できるサイズを求めるとこれくらいになる、という感じ。

私は身につけておかなくてはいけないデバイスを非常に多くに持っている。そのため、ジーンズのポケットはいつもフルだが、このバッテリーを入れる分には、かなり膨らむが、円柱形ということで携行しやすい。

だが、もしバッグの薄いポケットにいれたい場合は、板形状のほうがいい。
また、円柱形の欠点として、充電しながらバンドで固定するような使用法が難しい。円柱形は、バッグやポーチ、ポケットに放り込みやすい形状だ。
円柱形であるが故に衝撃を受け流すこともできるかもしれない。

出力はインテリジェントな最大1.5A。Quick Chargeではなく、AiQという独自のもの。
この点については、まだQC対応デバイスが多くなく、簡易なデバイスは対応しないであろうこと、古いデバイスは対応していないことを考えれば、独自のほうが嬉しい。
ただ、1.5Aというと、タブレットでは充電できない可能性があり、急速充電においても2Aクラスには届かない。だが、1Aと比べれば1.5Aは速く充電することができる。2Aあればよかったな、という感じはある。

とはいえ、インテリジェントなおかげでデバイスによってポートを分ける必要もなく、これひとつでまかなえるのは大きなメリットだ。

色はブルーアルマイトで、美しい色だ。
これについては、ファッションを気にする人はコーディネイトに合わないとか気にするかもしれない。シックな黒が好きなのだという人もいるかもしれない。
だが、女性でも持ちやすく、「かわいい色」でもあるので、悪くないと思う。

常時携行するにはちょっとつらいが、必要であることが分かっている時なら持ちのはそれほどつらくない。

Windows 10 テスト

アップグレード

Windows 10がようやくThinkPad e440に入ってきたので、テストした。

まず、事前にClonezillaでディスクイメージを獲得した上でアップグレード。
LUKSを使っていることもあり、Clonezillaは最適ではなかったように思われる。

アップグレードはシンプルで、タスクトレイのWindows 10アイコンから起動したら、あとは表示にしたがって進めていけばいい。
途中再起動しながら進んでいく。不安になるような場面もないではないが、Windows 7のインフォメーションの少なさからすればはるかにわかりやすいレベルだ。

アップグレードして起動すると、かなり時間がかかってからログオンスクリーンが表示される。
だが、ログオンすると黒い画面のまま長く停止する。タスクマネージャを見ていると、ずっとCPUはかなり高い水準にあり、その後落ち着いても変わらず黒いスクリーンのままだ。

なお、PID5の起動失敗がリポートされる。

しかし、再起動すれば正常に起動した。

Windows 10

RAMを予め8GBに拡大していたこともあって、Windows 10はさくさく機能する。
デスクトップテーマは「おおよそ」引き継がれ、ぱっと見の差異は小さい。また、Lenovoのアプリケーションはいずれも引き継がれ、タスクバーに鎮座する。

ショートカットキーが強化されたこと、タスクバーに検索が追加されたことでかなり使いやすくなったように感じる。
もっとも、私が入力中心の起動を元々していたからであって、スタートメニューから階層をたどる方法をしてきた人にとってはやりづらいかもしれない。
ちなみに、私はWindows 7ではLaunchyをメインに、スタートメニューを使う時は検索を使っている。検索は、それなりに速くなった。

Windows 8 (8.1) の絶望的な使いにくさはない。評判は悪いが、実際Windows 8よりは圧倒的に良いと思う。
これできちんと動けば、Windows 7よりも好きだ。

コントロールパネルが隠されたという点は好ましくない。
設定から遠ざけていることが問題ないのに、さらに遠ざける選択をしているからだ。
ショートカットキーを使うか、あるい検索によって見つけることができる。

やはりGodModeを使用することが望ましい。これは、コントロールパネルのフラットメニューのようなものだと考えていい。
godMode.{ED7BA470-8E54-465E-825C-99712043E01C}というフォルダを作ることでgodModeへのショートカットとなる。

Windows 10自体の印象はよく、

  • Audacity
  • ドラコンスピーチ11 日本語版
  • VLC Media Player
  • AIMP
  • XNViewMP
  • サクラエディタ
  • Opera Developer
  • Sylpheed
  • Skype for Desktop

の起動を確認した。

全体には良好なエクスペリエンスを得られるが、起動と終了は非常に遅い。
終了時は終了したと思っても、十胃は電源が切れていないことがある。

元々デュアルブートだった場合は、それは維持される。
グラフィカルな画面で良いが、そのかわり他のOSを選ぶと再起動されるようになった。
直接呼べなかったのかと疑問は残る。

  • DTM

問題はDTMだった。

Image-Line FL STUDIOは、12から正式にWindows 10をサポートしており、確認の必要がないと判断して確認しなかった。

US-366は既にWindows 10をサポートしているが、x64のフォルダにあるsetup.exeを使う必要があるのと、なかなか成功しなくて困ったりもした。

SONAR X3 PRODUCERはちゃんと起動するが、今回MelodyneとXLN Addictiveシリーズは検証しなかったものの、それ以外についても、SONAR X3 PRODUCERを入れた時点でプラグインは65であるはずだか、49しか認識されない。
少なくともBREVERBが認識されていないこと、x64かx86かは関係ないことを確認した。

BRAUN Oral-B Professional 1000

Amazonを見ていたらOral-Bは多彩なシリーズを展開していることに気がついた。最下位モデルは1100円だが、最上位モデルは25800円もするようだ。そんなに違うのか?気になって調べてみた。

Oral-Bは円形ブラシを使う電動歯ブラシだ。回転しているものと思っていたのだが、実際は左右反転であるらしい。ただし、ブラシが円形なので、回転方向の反復運動となる。私が使っていたすみずみクリーンはこの反転運動が約9000Hzであるということだ。

9000という数値は「まぁまぁ高い」のだが、円形ブラシは磨きやすく、効率がいい。歯磨きのこつは「軽く当てて」「コシを使って」「細かく動かすこと」なので、当てることに集中できるし、明らかに人間より機械が得意だろう。私はこれを使って、歯科で「全体的によく磨けていると言ってもらえた。ちなみに、円形ブラシのGUMは電池式で2500rpmにとどまる。

円形ブラシ、回転運動だが、手で磨くからの制約があるからこその動きを電気で再現する必要はなく、より合理的だ。ブラシを上下や左右に動かすよりも確実に磨ける。また、1本の歯について20往復することが良いとされているが、実際に20往復させると30分はかかる。対して、電動なら9000Hzなのだから、1/100秒で20回は楽に磨ける。理屈ではだが。

小2の時には永久歯が生えそろっていた私は、とにかく歯が弱い。31だが、既に一本失っている。おそらく、28の時には既に抜くしかない状態だった。入れ歯で口内炎になり、とてもとても苦労している。やばい歯も多い。せめて生きているものだけでも長く、というわけで歯磨きに力を入れている。別段不満はなかったのだが、そうしてみてみると改善できる点がありそうに見えた。

Oral-Bの上級モデルは8800rpmの回転方向反復に加え、40000rpmの垂直方向反復がある。ただし、これは1000にも搭載されている性能だ。上位モデルは様々な機能(例えば回転数を落としたり、リズムをつけたり)がついているが、磨くことに関しては変わらない。どちらかというと上級モデルは「高級であること」に力が置かれている印象で、最上位モデルはbluetoothで接続し、押し付けすぎをスマホにグラフィカルな警告マークを表示することで教えるという。ちなみに。1000にはLEDランプがついており、これで押し付けすぎを教えてくれる。

さて、5500円程度の1000だが、まずシリーズの中では付属品が少ない。すみずみクリーン同様、本体、充電器、スタンダードブラシだ。本体は充電ランプが加えられているほか、スタイリッシュになり、細くて持ちやすい。やや軽量に感じる。グリップももうちょっと高級感がある。そして、起動してみると、音が明らかに違う。ごっつい音だ。実際に当ててみるとすみずみクリーンのように軽やかで心地よい磨きではなく、磨きもいかつい。戦っている感じがする。当てにくいということはなく、細いので奥のほうにも入りやすい。当然ながら全体にしっかり磨ける。特に歯間に対して強力で、フロスしていないのに歯間もすっきりだ。

こうして綺麗に磨けることもそうだが、なんといっても魅力なのがこれだけしっかり磨けると日中、時間がないときに時短で磨いても結構綺麗になるのではなかろうか?これは便利!

前述の押し付けすぎの警告ランプだが、本体にあるので「こんなもの見えるのか?」などと思ったが、実際やってみると見える。鏡でも見えるが、鏡でなくても眩しいほど光るからだ。

いまいちな点は、磨き時間を教えるために定期的に違うリズムを入れてくるのだが、こんなに短い時間でわざわざ磨く必要がないため、いらなかったし、OFFにできればいいのに、と思う。