ThinkPad X1 Carbon 2017 レビュー

モデル

構成

ThinkPad X1 Carbon 2017で、Core i5-7500U, 8GB RAM 128GB SATA M.2 SSD, FHDディスプレイだ。

シルバーボディで、中国生産モデルとなった。

NVMeストレージやUHD液晶を選択しなかったのはバッテリーマイレージのため、i7や16GB RAMを選択しなかったのは価格のためだ。

第8世代がきちゃったけど

KabyLakeプロセッサモデルであることについては、認識自体はあって少し悩んだ。

実際、既にCoffeeLake2プロセッサはきている。 だが、CoffeeLakeプロセッサはかなり難易度が高いということで潤沢に供給されているわけではないし、そうなると低消費電力版が出てくるのはまだ先だろう。 ThinkPad X1 2018には採用される可能性が高いが、40%以上のoffになるには半年近い時間がかかる。

そうなると、CoffeeLakeモデルをこれくらいの価格で購入できるのは半年から1年くらい後ということになり、既にラップトップが壊れた問題を抱えている私には待てないものだった。 待てる人ならば、性能向上は大きいので待ったほうがいいと思う。

インプレッション

速度

もうちょっと速くてもいいかなぁ、と思わなくはない。

SSD + Core i5という構成で性能は十分だと思うのだが、状況によってはもっさりだ。 特に、KDE Plasmaが遅いと感じることはないのだが、SATAとはいえM.2 SSDを挿している状態で起動がちょっと遅いのではないか…と感じる。 電源ポストでの待ち時間が長めに設定されているということもあるが。

起動はLinuxよりWindowsのほうが速い。 特にKDE Plasma/Cinnamonの起動はそれなりに遅い。

メイン機として使う人であればCore i7+16GBのほうが良いと思う。 この構成で「満足な速度」ではないからだ。 サブ機として考えればそんなにストレスフルなわけでもないので許容範囲かなという印象。 バッテリーマイレージと引き換えになるが、NVMeストレージを選択したほうが良いかもしれない。

Cinnamon/KDEの動作速度自体はメインのワークステーションよりも良好だ。 これはKabyLakeが持っているグラフィックアクセラレーション機能が優秀であることの現れだろう。 ドライバの出来の問題や画面の広さもあるかもしれないが、KDE Plasmaでまるでひっかかりがないのは初めての経験である。

マイレージ

私の通常作業(Wi-Fi接続で、ウェブで調べ物をしながらのタイピング。輝度は30%程度、キーボードバックライトoff、Bluetooth off)では16時間程度という感じだ。

再起動も多用するインストール/セットアップ中は6時間程度だった。

輝度を落としてWi-Fiも切れば20時間は突破しそうだし、文句なしのロングマイレージと言っていい。 素晴らしい。

トラックポイントとトラックパッド

トラックポイントはlibinputを使っているとちょっと癖のある動きをする。 少し強く触ったときの動きが大きすぎるのだ。 感度を落とすと安定するのだが、KDE Plasmaでは設定できないため、辛いところがある。

ただし、これも慣れればなんとかなた。

e440と違い、ちゃんと独立したボタンは優秀だ。 Linuxでは「中ボタンクリックができる」ことは重要だろう。

また、感触がよく広いトラックパッドは「押せるように」なってる。 これは、クリックエミュレーションではなく、本当にクリックイベントを発生させる。 ほとんどの位置で左クリックだが、右下の端でのみ右クリックとなる2ボタン仕様だ。

トラックパッドでのクリックは、ボタンクリックと比べて強くおさくてはならない。 そのため、トラックパッドの決定である「タイピング中にどこかに飛んでしまう」ということをそもそも発生させないことができる。

この問題は「トラックパッドが認識されるから」ではなく、「クリックエミュレーションの結果として意図せずクリックされて」発生する。 ThinkPad X1でもクリックエミュレーションをオンにして、軽くぽんとタッチするだけでクリック動作を発生させることは可能だが、クリックエミュレーションをオフにしても、トラックパッドをボタンとして押すことでちゃんとクリックは機能するのだ。

そのため、クリックエミュレーションを無効にしてしまえば、ありがちな「ぶっとび問題」は全く発生しなくなる。

Manjaro Linuxでは最初からクリックエミュレーションが無効の状態になっていた。

キーボード

ThinkPadのキーボードはラップトップとしてはどれも素晴らしいものだ。 だが、X1のキーボードはことさらに素晴らしいと思う。

実際に使いはじめた最初は、e440よりもクリック感が強く重いことから、ややミスタイプ(というよりもアクチュエーションポイントに到達しない空振り)が発生したが、すぐ慣れた。 ストロークはごく短いがクリック感があり、そこそこ打ちやすいキーボードというのは他にもあるが(例えばhpのSpectre13やEnvy13のキーボードだ)、やはりこのストローク感が打ちやすい。

ThinkPadの良さというか、THinkPadでなければならない大きな理由のひとつだと思う。

ネットワーク

Wi-Fi, EthernetともにIntel製だ。

少し勘違いしていたのだが、ThinkPad X1 2017にはEthernetがないわけではなく、チップとしては載っている。 単に口がないのだ。

専用の口になっており、アダプタはそこからEthernet信号を引き出すものになっている。 なお、使ってみたのだが、認識されないのかリンクがとりづらく、いまひとつであった。 重大な残念ポイントである。

スムーズな動作

コンピュータは意外と繊細で、構成の問題なのか、 「ひっかかりが生じる」ケースが割と少なくない。

店頭で展示されているPCを触ると、比較的低性能なモデルでも、自分のコンピュータよりもスムーズに動作するということが少なくない。 自作するとどうもクリーンインストール直後からメーカーPCと比べて変にレスポンスが気になる、ということがあるのだが、Lenovoのコンピュータはややその傾向がある。

国産のほうがなぜかスムーズだ…と感じるのだ。 hpやDellにもその傾向はあるが、Lenovoのほうがやや強いと思っている。

シルバーボディ

「ThinkPadらしくない」シルバーボディだが、結構ありだと思う。

いままで出たものと違い、全面がシルバーになっている。

ThinkPadはもちろん良いものであり、ThinkPadの黒も、ピーチスキンも、ThinkPadの誇りというべきものだ。

しかしながら、一般の人にとってはそうはならない。 ThinkPadの特別さを知る人は(少なくともスバル車を特別なものだと感じる人1よりも)十分にマニアだろう。

Mimir Yokohamaの仕事は一般の人を相手にするものなので、「ハッカーとしての特別さ」と同時に「普通の人が見て美しいと感じる」ことが必要とされた。 それによりThinkPadとSpectre132で悩んだのだが、その折衷案3としてシルバーのThinkPadにしたわけだ。

黒よりも滑らかな手触りと、高級感のあるシルバーは、Thinkpadファンなら(邪道だと思うかもしれないけれど)注目せざるをえないもので、そうでなくてもThinkPadを使ってきた私にとって、新鮮な気持ちで使える。 「黒がよかった」と感じることはない。

ちなみに、汚れにくく汚れも拭き取りやすい、アルコールで拭いても色落ちしにくいなどのメリットもある。

携行性

ベゼルが薄く、厚みもないため、13.3inch用のZeroShockラップトップバッグに収納可能であった。

1.1kgという重量は軽く、今まで使用していたThinkPad e440 (2.1kg)はおろか、Dynabook R51 (1.4kg)と比べても明らかに軽量で携行性は良い。 さすがにPavilion x10(970g)と比べれば若干重いが。

ただし、コンパクトなラップトップ収納スペースを持つものは13.3inch用が多く、Macbook Airなど13.3inchでも薄いものを想定していてうまく収納できないケースがある点には注意が必要だ。 実際、13.3inchと比べるとfoot printは大きい。

形状としては持ちやすく、重量配分も安定していて非常に持ちやすい。

スリープ安定性

実はLinuxだと「スリープから安定して復帰できるか」というのは構成次第の結構な運の問題である。4

ThinkPad X1 Carbon * Manjaro Linux5では問題なくスリープ/復帰できている。

結論

素晴らしく良い。 満足だ。


  1. クルマにおけるスバルや、ラップトップにおけるThinkPadは一種の憧憬の対象となっている。それは、それが「好きかどうか」とは別のこととしてだ。

  2. hpの個人向け高級ラップトップ。ちょっと高めだけれど、性能的にも良好で優れたデザインを持つ。2018年モデルは色が白になってしまい、だいぶ普通になってしまった。残念。

  3. hackerのThinkPad(ただしThinkPadらしくない)とSpectreのような美しさ(しかし遠く及ばない)である

  4. もちろん設定はできるが、設定したところでそれなりの確率で復帰できないものはあり、設定しても依然として復帰できないケースもある(特にAMD製ビデオカードにCatalystドライバを使用している場合は非常に多かった)。

  5. Manjaro XFce 17.06 x86_64 Linux 4.14.4 * KDE Plasma workspace環境である。Cinnamon, XFceでも安定してスリープから復帰できている。

Windows 10について

悪名高いWindows 10をある程度使ってみている。
とりあえず、それで思ったことをまとめてみよう。

OSとしての進化

一般の人の中にはOSの進化を頑なに認めない人がいるが、元々Windowsが(それ以前にMS-DOSが)ひどい代物である以上、修正すべき点は多い。低い生産性は人類の進歩を妨げさえする。

だから、Windowsはどんどん改善してもらわないと困る。

純粋にOSとしての点をみれば、それが正しいかどうかはともかく、かなり良くなっている。
「ここはこれがおかしくて、こうあるべきだからこうしてほしい」という点は山ほどあるのがWindowsだが、その望まれているあるべき解決方法ではなく、なぜか全然違う方法で提供して、「なんでそうなった!」と突っ込まれるのは恒例なのだが、今回もそのような変更点は非常に多い。

いつまで経ってもfork(2)をサポートしないこととか、まともなシェルを用意せずに、明らかにシェル、端末として使いようのないPowershellを導入したまま放置していることとか。

私はWindowsアプリは書かないし(書くとしてもクロスプラットフォームレイヤ上で)、コアな開発者でもないため感じることは少ないが、「クロスプラットフォームレイヤのWindows環境下での制約」という形で困る。

そういう内部的なことは置いておくとしても、Windows7以降で改善された点として

  • ISOファイルのマウントが可能になった(Win8)
  • 通知機能がまともになり、通知履歴が見られるようになった
  • すべてのUI部品が(一部は仮想的に)スケーラブルになった
  • Win + cursorによるquick tile機能が8方向タイルに対応した(現在位置に基づくタイル。Cinnamonと同じ)
  • IMEスイッチャが搭載された(Windows+Space)

使い勝手

Windows 10の使い勝手そのものは改善しているといっていい。

UIについて考えてみると、基本的な部分はWindows XPの時点で既に完成されていた。Windows 95の時点で基本的な部分はできあがっていたが、見た目がチープであることと、たどりにくい階層構造が難点だった。
Windows XPではテーマ制を導入(Visual Styleの変更はパッチ当てが必要)、簡易なものではあるが、デスクトップ検索も追加している。
また、ウィンドウのタイル表示も可能になった。

Windows Vistaでさらなる改良が行われたが、本質的な進化というよりも、変化であるという面も大きかった。
Windows 7でアイコン式のタスクバーになったが、これも元よりそうであるべきだったというものではない。選択できるなら機能追加だが、選択できないので単なる変更だった。

明らかに改良された点は検索機能が強化され、ポータブルアプリの起動にランチャが不要になったという点だが、スタートメニューの構造やタイルの仕様変更などは、変更でしかないように感じられた。

ちなみに、Windows 7からはWin + Cursorによるquick tileが可能になった。ただし、Windows 7では左右のみだ。

Unix系デスクトップはこの時期、何を取り込んだのか先行したのかわからない機能を数多く導入している。quick tile機能はKDE4, Cinnamon 1.0の導入なので恐らくWindows 7のほうが早い。入れ替え式階層メニューはWindows Vistaが早いが、KDE Plasma 4のものはまた違うし、Cinnamonもさらに違う。また、MacのExpose相当の機能はCompizが入れたため、Windowsよりも早い。

だが、Unixデスクトップで考えても、機能的にはGNOME 2あるいはKDE3で既に完成していた。これらはWindows 95のUIを参考に発展したものであり、その後は細かな機能追加に過ぎないと感じている。

変化を求めている部分もあるし、変化に応じている部分もある。だが、どちらかというと、Microsoftは変な先読みをしている、というよりも自分がスタンダードを作るのだという妙な気負いがある。

それが、Windows 8でのスタートメニューを廃止してModarn UIを導入したことにあらわれているのだろう。奇抜だが、真新しさの演出と、Windowsがやればそれが普通になる、という考え方に基づくのだと思う。

結果として失敗した。実際に問題点が多く、使いにくかったということもあるが。

Windows 10のスタートメニューはその修正だと考えていい。スタートメニューとModarn UIを一体化させたものは、確かにある意味では使いやすいが、目新しいものであるというよりは、Androidスマートフォンで見慣れたものになった。

Windows 8からのフラットUIもより推し進めてはいるが、やはりデザイン的にリッチさに劣るように(個人的には)感じられるし、特に見やすくなったわけでもないため、単なる変更だろう。

機能が一体的に提供されるようになったために、それに従うかどうかだが、「Microsoft製のOS(Windows)で、Microsoftが推奨する音声エージェント(Cortana)を使用し、Microsoftのサーチエンジン(Bing)を介して、Microsoftのブラウザ(Edge)で開く」のであれば使いやすいのだ。

だが、これはAndroid同様のリスキーな面を持っている。

ケータイ化・個人情報商売という悪夢

Windows 10において問題なのは使い勝手ではなく、この2点だ。

Windowsは統合的な環境になった。基本部分ではなく、ユーザーのすべてを「Windowsが」提供しようというのだ。

そこには、メールやスケジュール、あるいはSkypeやTwitter, LINEさえも含まれる。
WindowsストアアプリはWindowsから独立ではなくなった。言い換えると、Windowsストアアプリに提供されている情報はMicrosoftにも与えられる、という形になった。

Windowsに、言い換えればMicrosoftに依存して生活するのであればこれは便利な機能だ。もちろん、Windows Phoneも一緒に。検索エンジンはBingだ。

だが、これはありとあらゆる情報的ライフライン及び情報そのものをMicrosoftに掌握させることを意味する。事実、Windwos 8.1ではデフォルトでオフだった、利用状況や入力内容の送信など、プライバシー上重大な懸念のある機能が、全てオンの状態になるようになった。

しかも、コアな利用状況のレポートは、送信をオフにするとWindowsが動作しないという理由をつけて、必ず送信させる。

ありとあらゆる情報を収集し、個人を監視するような行動は、これまでGoogle及びAppleがとってきたものだ。それと比べるとMicrosoftは穏やかなやり方をしてきた。

だが、今回Microsoftは積極的にプライバシーを手に入れようとしている。Web, Twitter, Facebook, Skype, LINEはもちろん、電話からメールまで全てだ。

それに合わせて規約も、メールの内容を読むというものになった。
また、利用には基本的な部分でMicrosoftアカウントと紐付ける必要がある。完全に個人を特定し、追跡できるようにするものだ。

これらのプライバシーに対する重大な懸念を、私は今回最も問題視する。

また、ケータイの場合はそうした統合的な機能を求める傾向があるのだが、Windows 8で学んだはずの「スマートデバイスとの融合は不自由を生む」ということを無視して、より融合を進める方向になった。

電話だのSNSだのといった機能は、Skypeと連動させることでパソコンでも利用可能なのかもしれないが、明らかにコンピュータの使い方としてそれは重要な部分ではない。それを中心に据えられるのは非常に迷惑だ。

また、パーソなりゼーションを進め、SNSの情報を常に表示し、ニュースを表示し…といった機能は、ビジネスシーンで使われるWindowsということを一切無視しているとしか思えない。

その意味で、ものすごく使いにくくなった。

KDE Plasmaも、KDEアプリケーションを使ってこそという部分はある。KDE PIMとAkonadiだ。
だが、使わないという選択肢はある。その場合、Plasmaを使う魅力は大いに損なわれてしまうのだが、普通のデスクトップ環境としては使うことができる。

今回のWindowsは、その選択権がない。ちなみに、しょっちゅうデフォルトのアプリをMicrosoft製のものに変えられるようになった。ブラウザがEdgeにされるのは日常茶飯事だし、IMEはデフォルトを完全に無視してMS-IMEを選択する。

アカウント

Windows 10ではアカウントが、コンピュータ上のローカルアカウントとMicrosoftアカウントの二種類がある。

ローカルアカウントをMicrosoftアカウントに接続することで、ローカルアカウントとして使いながらMicrosoftアカウントを要求するストアアプリを利用するといったことも可能だ。

だが、Microsoftアカウントでは、ログイン(今回からローカルアカウントでも「サインイン」という表現になった)時にオンライン認証をする。
そのため、インターネットに接続されていなければコンピュータを利用すること自体できなくなった。

デスクトップアプリとストアアプリ

ほぼ全てのプログラムに「デスクトップアプリ」と「ストアアプリ」という区別ができた。

Windows 8にもあった区別ではあるが、ストアアプリを使う機会が設定しかないということもザラにあったため、目立たなかった。

今回、多くの機能がストアアプリに移行したため、この区別が重要な意味をもつようになった。また、ストアアプリがウィンドウ表示できるようになったというのも大きい。

これにおいて重要なのは以下の点だ。

  • ストアアプリは事実上Microsoftが全権を持っている
  • ストアアプリではIMEがストアアプリに対応しているMS-IMEしか使えない
  • ストアアプリはオンラインアカウントとひも付けて実行される

表面から消失した機能

コントロールパネルが隠されてしまっている。
これは検索から起動できる。

これは、ストアアプリの設定を使わせるということなのだろうが、全項目があるわけではなく、重複があったり、片方にしかないものがあったり、表現に整合性がとれていなかったりと非常にわかりにくくなった。

設定に関してはgodmodeも追加された。これは、コントロールパネル的なデスクトップアプリのフラット版だ。

まだ、ログオフがメニューから消失した。
Windows 10はオンラインアカウントでのログインを原則としているため、サインアウトに変更されている。

logoffコマンドが存在するため、logoffで検索すれば抜けられる。あるいは、CAD(Ctrl+Alt+Delete)からでも良い。

総括

OSとしては妥当に進化した。あまりにもスマートフォンを意識しすぎて、デスクトップコンピュータとしての使い勝手が著しく損なわれた程度で、別に悪くなったとは言わない。

全てはログインを「ログオン」という表現から「サインイン」という表現にかえたことにあらわれていると思う。

今やWindowsを使うということは、Microsoftのサービスを利用するということとイコールなのだ。

これまではWindows上で他のサービスを利用することも当たり前だった。だが、これからはそうではない。WindowsはMicrosoftのサービスを使うことを強要する。Appleがそうしたように、ロックインして競合する他のサービスの利用を不能とする可能性もないわけではない。

既に、Windowsを起動すれば当然にGoogle Chromeが起動し、Google日本語入力で文章を打ち…ということはできなくなった。Edgeに変更された設定を戻し、Google日本語入力に切り替えなくてはならない。

また、Windows上で行う作業は当然に秘密が保たれていると信じていただろう。これからはそうではない。Windows上で行う作業は、須くMicrosoftが知りうるものなのだ。

こうしたことをどのように考えるかによって、Windows 10が良いものか悪いものかの判断ができるだろう。

Windows 10 テスト

アップグレード

Windows 10がようやくThinkPad e440に入ってきたので、テストした。

まず、事前にClonezillaでディスクイメージを獲得した上でアップグレード。
LUKSを使っていることもあり、Clonezillaは最適ではなかったように思われる。

アップグレードはシンプルで、タスクトレイのWindows 10アイコンから起動したら、あとは表示にしたがって進めていけばいい。
途中再起動しながら進んでいく。不安になるような場面もないではないが、Windows 7のインフォメーションの少なさからすればはるかにわかりやすいレベルだ。

アップグレードして起動すると、かなり時間がかかってからログオンスクリーンが表示される。
だが、ログオンすると黒い画面のまま長く停止する。タスクマネージャを見ていると、ずっとCPUはかなり高い水準にあり、その後落ち着いても変わらず黒いスクリーンのままだ。

なお、PID5の起動失敗がリポートされる。

しかし、再起動すれば正常に起動した。

Windows 10

RAMを予め8GBに拡大していたこともあって、Windows 10はさくさく機能する。
デスクトップテーマは「おおよそ」引き継がれ、ぱっと見の差異は小さい。また、Lenovoのアプリケーションはいずれも引き継がれ、タスクバーに鎮座する。

ショートカットキーが強化されたこと、タスクバーに検索が追加されたことでかなり使いやすくなったように感じる。
もっとも、私が入力中心の起動を元々していたからであって、スタートメニューから階層をたどる方法をしてきた人にとってはやりづらいかもしれない。
ちなみに、私はWindows 7ではLaunchyをメインに、スタートメニューを使う時は検索を使っている。検索は、それなりに速くなった。

Windows 8 (8.1) の絶望的な使いにくさはない。評判は悪いが、実際Windows 8よりは圧倒的に良いと思う。
これできちんと動けば、Windows 7よりも好きだ。

コントロールパネルが隠されたという点は好ましくない。
設定から遠ざけていることが問題ないのに、さらに遠ざける選択をしているからだ。
ショートカットキーを使うか、あるい検索によって見つけることができる。

やはりGodModeを使用することが望ましい。これは、コントロールパネルのフラットメニューのようなものだと考えていい。
godMode.{ED7BA470-8E54-465E-825C-99712043E01C}というフォルダを作ることでgodModeへのショートカットとなる。

Windows 10自体の印象はよく、

  • Audacity
  • ドラコンスピーチ11 日本語版
  • VLC Media Player
  • AIMP
  • XNViewMP
  • サクラエディタ
  • Opera Developer
  • Sylpheed
  • Skype for Desktop

の起動を確認した。

全体には良好なエクスペリエンスを得られるが、起動と終了は非常に遅い。
終了時は終了したと思っても、十胃は電源が切れていないことがある。

元々デュアルブートだった場合は、それは維持される。
グラフィカルな画面で良いが、そのかわり他のOSを選ぶと再起動されるようになった。
直接呼べなかったのかと疑問は残る。

  • DTM

問題はDTMだった。

Image-Line FL STUDIOは、12から正式にWindows 10をサポートしており、確認の必要がないと判断して確認しなかった。

US-366は既にWindows 10をサポートしているが、x64のフォルダにあるsetup.exeを使う必要があるのと、なかなか成功しなくて困ったりもした。

SONAR X3 PRODUCERはちゃんと起動するが、今回MelodyneとXLN Addictiveシリーズは検証しなかったものの、それ以外についても、SONAR X3 PRODUCERを入れた時点でプラグインは65であるはずだか、49しか認識されない。
少なくともBREVERBが認識されていないこと、x64かx86かは関係ないことを確認した。