ドラムスティック: pro-mark TX7AW, REGAL TiP HELLO KITTY KT-5A-X

普段はTAMA H213Pを愛用している。非常に細く、長さは普通で非常に軽量なドラムスティックだ。反発はかなり強く、手の中で遊ぶ叩き方に最適。非常にバランスもよく叩きやすいスティックだ。とても気に入っているのだが、これで壊れると替えがきかない。もちろん、私は繊細なプレイヤーなのでそうそう折ったり曲げるようなことはしないが、それでもこれだけ細くて軽いスティックだと壊れるリスクは高い。特に生ドラムではパワーがかかるため曲がりやすいし、傷つくことも多い。

そこで、このスペアと、生ドラム用のスティックを調達する意味を込めて新たにスティックを購入した。これがタイトルの2つ、pro-mark TX7AW, REGAL TiP HELLO KITTY KT-5A-Xだ。

pro-mark TX7AWは45g弱で揃えた。ショートタイプで細くて非常に軽い。H213Pよりも軽いスティックを期待して購入した。ジャズ及びライトロック向けとある。実際に叩いてみると、反発がかなり少なく硬質なフィーリング。かなりしっかりグリップしておく必要がある。短いものをさらに短く持って上から叩くようなタイプだろうか。指にはさんで使うようなタイプだろうか。いまいちしっくりこない。

REGAL TiP HELLO KITTY KT-5A-Xはその名の通りハローキティモデル。スタンダードなサイズだが、52gで揃えたほどで結構軽い。女性ドラマー向けだろうか。性質的にも硬質で普通、比較的腕を振るロックドラマーに向いている気がするし、入門用に適しているだろうか。私の場合、やはり振りにくい。生ドラムでは細いドラムでは叩きづらく、スティックの反発の弱さもカバーされるため、主に生ドラムで使うことになるだろう。人に貸しやすいものでもある。

私は右手は遊ばせ、左手は握ることが多いため、左にTX7AW、右にH213Pという組み合わせも、かなり叩きやすい。ただし、これは左で右にあるものを叩くことが多いと感覚がつかみづらく叩きにくくなる。