Windows Updateに果てしなく時間がかかる

Forza Motorsport 6 Apexが登場するというので、

  • OEM版 Windows XPをP2VでWindows 10で動作しなくなるアプリの動作環境を確保
  • Windows 7のスナップショット取得
  • Windows 10にアップグレード

という手順を考えた。

Windows XPのP2Vのためのスナップショット取得などの作業とWindows7のバックアップ手順などは後で記述することとして、今回はWindows 7をWindows 10にしようとしたら、Windows Updateがチェックするにもアップデートするにも果てしなく時間がかかり、Windows 10にできそうにない。

Microsoftは何がしたいのか。

どうもこれはKB3138612のせいである模様。それが悪いのではないのかもしれないが、このアップデートからそうなっているようだ。

しばらくアップデートせずにおいておいた人からの報告が多い。私の場合、2月が最後だったため、2ヶ月半ほどアップデートしていなかった(そもそもWindowsを起動することが稀だから)。

で、KB3138612を入手して適用しようとしたのだが、これまた果てしなく時間がかかる。

で、もう少し調べていたら、オンラインではスタンドアロンインストーラも結局チェックに行くため時間がかかる模様

というわけでLANケーブルを抜いて適用した。

だが、これでも終わらないので、WindowsUpdateAgentの最新版(7.6), KB3050265も導入。

それでもダメで、修復してもダメなので、一旦Update前までロールバック。Windows Update AgentとKB3138612を先に導入し、更新チェックで放置。1時間40分ほどでチェックを完了した。

恐らくは最初に更新して時間がかかりすぎ、再起動したのが原因だが、ロールバックなんて普通はできない。更新途中での再起動も普通に考えられることだ(自動アップデートの場合もあるわけだし)。それで壊れるなんて、設計としておかしすぎるだろう。

アップデートやセットアップに何日も潰したことも数え切れない。今回も結局一日がかりだ。ほんと、Windowsは嫌いだ。Microsoftは何がしたいのだろう。

Windows 10 テスト

アップグレード

Windows 10がようやくThinkPad e440に入ってきたので、テストした。

まず、事前にClonezillaでディスクイメージを獲得した上でアップグレード。
LUKSを使っていることもあり、Clonezillaは最適ではなかったように思われる。

アップグレードはシンプルで、タスクトレイのWindows 10アイコンから起動したら、あとは表示にしたがって進めていけばいい。
途中再起動しながら進んでいく。不安になるような場面もないではないが、Windows 7のインフォメーションの少なさからすればはるかにわかりやすいレベルだ。

アップグレードして起動すると、かなり時間がかかってからログオンスクリーンが表示される。
だが、ログオンすると黒い画面のまま長く停止する。タスクマネージャを見ていると、ずっとCPUはかなり高い水準にあり、その後落ち着いても変わらず黒いスクリーンのままだ。

なお、PID5の起動失敗がリポートされる。

しかし、再起動すれば正常に起動した。

Windows 10

RAMを予め8GBに拡大していたこともあって、Windows 10はさくさく機能する。
デスクトップテーマは「おおよそ」引き継がれ、ぱっと見の差異は小さい。また、Lenovoのアプリケーションはいずれも引き継がれ、タスクバーに鎮座する。

ショートカットキーが強化されたこと、タスクバーに検索が追加されたことでかなり使いやすくなったように感じる。
もっとも、私が入力中心の起動を元々していたからであって、スタートメニューから階層をたどる方法をしてきた人にとってはやりづらいかもしれない。
ちなみに、私はWindows 7ではLaunchyをメインに、スタートメニューを使う時は検索を使っている。検索は、それなりに速くなった。

Windows 8 (8.1) の絶望的な使いにくさはない。評判は悪いが、実際Windows 8よりは圧倒的に良いと思う。
これできちんと動けば、Windows 7よりも好きだ。

コントロールパネルが隠されたという点は好ましくない。
設定から遠ざけていることが問題ないのに、さらに遠ざける選択をしているからだ。
ショートカットキーを使うか、あるい検索によって見つけることができる。

やはりGodModeを使用することが望ましい。これは、コントロールパネルのフラットメニューのようなものだと考えていい。
godMode.{ED7BA470-8E54-465E-825C-99712043E01C}というフォルダを作ることでgodModeへのショートカットとなる。

Windows 10自体の印象はよく、

  • Audacity
  • ドラコンスピーチ11 日本語版
  • VLC Media Player
  • AIMP
  • XNViewMP
  • サクラエディタ
  • Opera Developer
  • Sylpheed
  • Skype for Desktop

の起動を確認した。

全体には良好なエクスペリエンスを得られるが、起動と終了は非常に遅い。
終了時は終了したと思っても、十胃は電源が切れていないことがある。

元々デュアルブートだった場合は、それは維持される。
グラフィカルな画面で良いが、そのかわり他のOSを選ぶと再起動されるようになった。
直接呼べなかったのかと疑問は残る。

  • DTM

問題はDTMだった。

Image-Line FL STUDIOは、12から正式にWindows 10をサポートしており、確認の必要がないと判断して確認しなかった。

US-366は既にWindows 10をサポートしているが、x64のフォルダにあるsetup.exeを使う必要があるのと、なかなか成功しなくて困ったりもした。

SONAR X3 PRODUCERはちゃんと起動するが、今回MelodyneとXLN Addictiveシリーズは検証しなかったものの、それ以外についても、SONAR X3 PRODUCERを入れた時点でプラグインは65であるはずだか、49しか認識されない。
少なくともBREVERBが認識されていないこと、x64かx86かは関係ないことを確認した。

LinuxBeanのアップデート不能問題

LinuxBeanのアップデートができなくなっていた。

E: Encountered a section with no Package: header
E: Problem with MergeList /var/lib/apt/lists/geekconnection.org_remastersys_ubuntu_dists_quantal_main_i18n_Translation-en
E: パッケージリストまたは状態ファイルを解析または開くことができませんでした

Remastersysのリポジトリ閉鎖に伴い、geekconnection.orgに変更されていたが、geekconnection.orgも閉鎖された模様。

暫定的処置としては、ソフトウェアソースからgeekconnection.org_remastersysを外す。
LinuxBean スクリプトの更新で対応される模様。

Windows10への自動アップグレードとその意図

アップグレードとその拒否

Windowsは最新のWindowsである、Windows 10のデビューが迫っている。 今回はMicrosoft社がWindows 7/8/8.1からのWindows 10への更新の無料パスを用意するなど、「Windows 10への更新」を望んでいることが伺える。

Windows 10への更新は、「用意ができ次第、順次バルーンヘルプによって通知される」。

用意ができ次第というのは、Windows 10がリリースされ次第という意味ではなく、アップグレードを許すフラグが立てられてからだ。 パッケージWindowsを利用している場合、おそらくはリリースされ次第告知される。 一方、メーカーから購入したプリインストールWindowsを使用している場合、メーカーが検証を完了し、Goサインを出した時に更新される。

この更新を確認・通知するための更新は、Windows 7がKB3065987、Windows 8/8.1はKB3065988として提供されている。この更新を適用すると、通常の更新にWindows 10へのアップグレードが含まれるようになる。 アップグレードを入手し、アップグレードを促すところまでは、半自動で行われる。

その拒否方法はAsk COREで紹介されている。

これを適用した後、その適用(つまりWindows 10になる)は手動でGoサインを出さなければ行われない。(Get Windows 10というソフトで行われる)。 しかし、これは「うっかり」やってしまう可能性は大いにあり、かつ将来的に強制される可能性もある。 現時点ではWindowsのパッケージまたはライセンス販売を優先することと、急速な移行を狙って期間限定であるとしている。ただし、MicrosoftがWindows 7/8/8.1への残留を望まない気持ちのほうが強くなれば、これを延長して強制することも考えられる。 現在は更新の強制よりもWindowsを販売することを優先しているようだ。

意図の推測

Windows 10はMicrosoftが「最後のWindows」だとしている。 事実上ローリングリリースとなり、常に最新のWindowsが保たれる。例えばWindows 7→Windows 8のような変更はそもそもなくなり、毎日少しずつ変化し、やがてWindows 8になっている、という感覚に近い。

このようにするのは、検証・サポートコストの低減のためだ。 複数の状態を維持していると、そのサポートにも検証にも、コストと時間がかかる。 特に古いものを現状に合わせるというのは非常に困難であり、もちろんコストもよりかかるため、新しいものを出すよりもずっと負担が大きい。場合によっては競争力を失う結果にもなる。 リソースが少ない場合は、最新版以外は面倒を見ない、とすればそれなりにの競争力と品質を保つことができるる

ここに近づけるためのWindows 10のローリングリリース化である。 将来的なオープンソース・ソフトウェア化に言及するなど、Microsoftがその企業規模を以ってしてもWindowsの開発、保守が破綻しそうなほどに膨らんでいることが伺える。

だが、Microsoftにはかなり迷いがあるようだ。 よりオープンで、誰もが使えるインフラにしようとしている一方で、その収益やモデルを変更することを拒否する姿勢も見える。 現在までを見る限り、その体制変更は「変化の兆し」として歓迎されてはいるものの、それ以外については全てが悪化していると見られている。

自由や公開が不十分であり、利益の確保と強権の行使が過剰である。 どの立場からも激しく批判されているのが現状だ。

実際にMicrosoftにとってWindowsは大きなビジネスだ。 Windowsの売上の割合は意外と小さく、Microsoftのクラウドシフトによりさらに小さくなっている。 だが、Windowsの販売不振が業績に響く程度には大きい。それを手放す勇気がないのだ。

さらにWindows 10はHome editionに関してはWindows Updateの調整ができなくなる。 常に強制ダウンロード、強制適用である。 この強制がシャットダウン時などユーザーを妨げることなく行われるという情報もない。現在の自動適用と同様に、作業中でも構わずダウンロードし、適用した上で突如として再起動される可能性が高い。

さらに、Windowsの開発体制の変更に伴い、「アップデートを適用すると軌道できなくなる」というトラブルの発生頻度が激増している状況下だ。 Windows 10になると、おそらくこの頻度はさらに増加すると見られる。Arch Linuxのようなローリングリリースディストリビューションで言うところの、TestingあるいはUnstable相当の体制であるため、その頻度は高止まりするだろう。

これを強制するというのは明らかに非常に問題がある。

Windows 10をライブアップグレードにしたのも問題だ。 更新が破損することは、Windowsでは「よくある」。 実際、私のThinkPad e440は、初期化してもアップデートに必ず失敗する。そのため、Windows 10が降ってきても更新できないし、そもそも降ってこない。

かなり迷走していると見られる。 そもそも、今回アップグレード/アップデートの延期機能があるのはエンタープライズユースのもののみで、一般ユースのものはそれらは「強制する」という。 これらの情報もしょっちゅう変わっているが、Windowsを安定したインフラとして使いたい層はかなり多いはずであり、動かなるリスクを冒してまで最新の機能を求める層はWindowsにおそらくそこまで多くはない。 その選択権を剥奪するのが妥当なことだとはとても思えない。

WindowsはパソコンOSのデファクトスタンダードとしての自覚と責任を求めたい。 面白く革新的であることが求められるのは挑戦者であり、基盤であり標準となるものであれば、常に安定して使えるものであるべきだ。 一部のユーザー、特定の使われ方のみに適合するOSは標準としてふさわしくない。 また、行政などがMicrosoft製品を強要する社会的状況も早急に改善してほしいと思う。

適切な対応は

Windows 10のカーネル上の変更点は大きく、周辺機器が動かなくなる可能性はかなり高い。 出たばかりのホットなデバイスであればおそらく近い将来Windows 10に対応するだろうが、旧型デバイスだと期待薄だ。 私が使用しているスキャナー、プリンターもおそらくはダメだろう。

さらにソフトウェアが動かない可能性も高い。 私の場合、仕事で使っているソフトウェアがアップグレードするのも結構しんどい、SONAR PRODUCER, KOMPLETE ULTIMATEがある。 完全に動かなければ、アップグレードには10万円程度は必要になる。 FL STUDIO SISGNATURE BANDLEはライフタイムアップグレードに救われるが、ドラゴンスピーチの対応も疑問。

このあたりを考えると、デスクトップは更新しないことになるだろう。 特に新しいソフトウェアを導入する予定もないため、Windows 7のサポート切れ(2020年1月14日)まではかなりあることから、そのまま維持することになる。 新しいソフトウェアが動作しないようであれば、システム全体のアップグレードを検討する。 音楽関連ソフトウェアは集中させるしかないため、Windowsの更新を行うのであれば、全体を上げるしかない。 その際に対応できないソフトウェアは切り捨てられることとなる。既にWindows 7でXG Worksは動かなくなっている。

比較的無難な対応としては、Windows 7/8/8.1でアップグレード前にディスククローニングしておき、Windows 10にアップグレードしてさらにディスククローニングする、という方法だろう。

グレード間の巻き戻しをライセンス的にMicrosoftが許容するのかがわからないが、これであればWindows 10で動作しなければWindows 7/8/8.1のクローンを用いて巻き戻し、Windows 10移行に適切な時期が来た時にはクローンを用いてWindows 10を書き戻すことで、無償期間後にもアップグレードすることができる。

Microsoftが煽るほどにはWindows 10へのアップグレードは勧められない。 プレビューでもかなりの不具合が報告されている。趣味ユーザーであれば試してみるのもいいかもしれないが。

もう少し言うのであれば、Windows 8/8.1ユーザーは無条件にアップグレードしても良い、という意見も見る。 一方、Windows 7ユーザーはアップグレードは控えたほうが良い、ということだ。

なお、サポートが終了しているWindows XPと、延長サポート終了が近いWindows Vistaは無償アップグレードから外されている。 Windows 10はWindows Vistaが余裕をもって動くコンピュータであれば性能的には動作する可能性が高いが、これはMicrosoftの経営上の判断だろう。

Windows 10 previewからもWindows 10にアップグレードすることができるが、これにはWindows 7/8/8.1のライセンスでアップグレード認証したものだけであり、Windows XP/Vista、非正規Windows、Windowsなしコンピュータからのアップグレードはできない。

「update-grubがコケる」問題、ついに解決か

ブログでは4月14日のアーティクルでレポートし、 先日のアーティクルで再インストールという解決方法に至ったことを紹介した。

実際には2月には問題は発生しており、実に4ヶ月以上に渡って、Grubのトラブルということでいえば7ヶ月に渡って悩まされてきた。

この問題はManjaro Forumに、LinuxQuestionに、そしてGoogle+でと訊いていくことになったが、誰ひとりとして解決策を提示することはできなかった。 状況変化に合わせてManjaro Forumで再質問し、再インストールという解決策をとったものの、 結局アップデート時に問題は再発、絶望的な気分を味わった。

だが、そこで気づいたことがあったので、試してみることにした。

  • 再インストール
  • update-grub -> 成功
  • LVM snapshot作成
  • update system -> 失敗
  • LVM snapshotのマージ
  • update-grub -> 成功
  • LVM snapshot作成
  • update-grub -> 失敗
  • LVM snapshot削除
  • update-grub -> 成功
  • update system -> 成功

system upgradeでの失敗によるシステム損傷に備え、巻き戻しを可能にしてきたLVMスナップショット。 実際にこの巻き戻しによってとても救われてきた。 それによってここまで環境を崩壊させず「ダメでした」で済んでいた。

だが、それが原因だったというのか。 LVM snapshotが原因でupdate grubが失敗するなんていうことがありうるのか。 全く関係ないように見えるのに。

とりあえず、完全に解決したのか分からないが、解決したように見える。

これは難題だった…

デスクトップは起動しなくなり、ラップトップはこわれ

Manjaroのプリンター問題

Manjaroのプリンターが全く動かない、という問題。プリンターを追加しようとするとフリーズするわ、KDEでマニュアルPPD指定だとボタンが無効になり、さらにプリンターの名前が反転される、というわけのわからない状態。挙句、成功などと言われてしまうのでどうしようもない。

散々試してもうまくいかず、試しに500GB HDDにManjaroを入れてアップデートして試したが、同じ症状が出る。だが、その過程でUnable to get list of printer driversというメッセージを獲得し、これがヒントとなった。

最終的には

ArchWikiの情報
が活かされて、Foomatic関連を削除することで解決したのだが、この過程でUEFIブートメニューからmanjaroがHDDのものだけになり、Windows boot managerが2つ、空行がひとつ、という状態になった。

UEFIブートトラブル

さて、それでUEFIからブートできないというトラブルが生じたのだが、調べるとUbuntu Boot Repairを使うという提案がかなり多い。そこで試したのだが、Boot Repair Diskを使っても、Ubuntu 14.10を使ってもアンマウントしろと言われて進まない。問題自体は

Ubuntuのforum
で報告されているが、これに従っても解決しない。


Manjaro Wiki
に従って復旧を試みたが、EFI variables are not supported on this system.エラーから抜けられない。記載の通り対応しても、efivarsは動いているにも関わらず、modprobe: FATAL: Module efivars not found. と言われてしまい詰まってしまった。

最終的には、2つ目のWindows boot managerがManjaroを起動させることに気づき、そこからgrub-installを実行して修復できた。ただし、Windows boot managerは相変わらず2つある。

ラップトップのWindowsは完全死亡

その間を支えてくれた復活したてのe440だが、Windows Update中にスリープされてしまい、その影響で構築に失敗するようになり、多くの基本的なものを含むプログラムが起動しなくなり、トラブルシューティングツールでも復元ポイントでも失敗するという状態。

Updateの時はスリープしないようにするくらい当たり前のことだし、せめてトランザクションを張れと思う。

自動再起動の餌食になって、コピーしているファイルや録画が潰されることも多い。

もうこの状態ではe440は初期化するしかない。非常に腹立たしい。

Manjaroのアップグレード時のX起動問題と、マウスカーソルの問題

昨年末にきていたAURのアップデートだが、これを適用するとXが起動しなくなる。LVMスナップショットを使ってロールバックしていたが、3回適用しても全て同様の症状となる。

しかし、3回目にyaorutの実行メッセージにヒントをみつけて次のように実行した

sudo mhwd-gpu --setgl catalyst

これで正常に起動した。スナップショットを削除して完了。

そして先日からセカンドモニターのマウスカーソルがバグる、という話をしていて、なんとかしたいので調べてみた。すると、Radeonの問題であり、Windowsでも生じるらしい。Windowsの解決策が並ぶ。

“linux pointer cursor distored”で検索すると情報が出てきた。

のように、

Option “SwCursor” “true”

xorg.confに追記することで解決する、らしい。解決したのかは分からないが、とりあえず今のところなっていない。

アップデート&ロールバック

Manjaroのアップデートを実行したところ、またクラッシュした。X Window Systemが起動しない。

しかし、今回は対策をとっていた。

sudo lvcreate -s -L 10G -n preug ManjaroVG/ManjaroRootとすることでLVMスナップショットを取得、lvconvert --merge ManjaroVG/preugとすることでロールバックできる。

ただし、システム起動中は即座にはできないので注意が必要だ。