OPPOスマートフォンの「AR測定」がすごい

OPPOスマートフォン(R17 Pro)の先日のアップデートで新たに「AR測量」というアプリが追加された。

これは、カメラを使って距離や角度などを測ることができるアプリだ。

以前一部スマートフォンにレーザールーラーが搭載されていたが、これに代わるもの、というかはるかに強力なものになる。 せっかくのデュアルカメラだし、測量に活用できないかな、と思っていたので、まさに実現した感じである。

使い方としてては対象にカメラでピントを合わせるようにしてポイントすると、照準先のターゲットにアンカーを打ち込む。 これを複数打ち込むことで測定するわけだ。

ここがすごい

最初のアンカーに関してはレーザー測定なのか、離れていると打ち込むことができない。 ところが、ふたつめのアンカーからは結構離れていても打ち込める。

レーザールーラーは便利ではあるのだが、射程が2mほどしかないため、メジャーを当てにくい部屋や家具のサイズを測るのに使えない、という残念なポイントがあった。 ところが、このAR測定はそんなの関係なし、部屋のサイズだって測れちゃう。(ポイントを打ち込むときはレーザーの届く範囲に限られるが、打たなくても計測自体はできる)

また、距離計測でレーザールーラーの場合あくまでスマートフォンからの距離を測るのだが、AR測定の場合三角測量になっていて、カメラを計測対象のポイントに向けるだけでいい。距離の場合、第二ポイントに打ち込む前にポイントとの距離を出してくれる。 「端から端」をはかるとき、スマートフォンを端においてしまうと操作できないので、レーザールーラーは微妙に実用的ではなかったが、これなら非常に使いやすい。

計測できるのは「距離」「長さ」「角度」「面積」。 面積や、他でもカメラを持って移動するような場合は精度にやや不安があるが、だいたい分かれば良い場合は大変重宝する。

ポイントしたあとはその計測マークが画面上に残留する。ここが「AR」なのだろう。 カメラを移動させると、その測定したポイントを結ぶ線が空中に浮かんでいるように見える。 ちなみに、多分測量自体AR技術。

頭いいなぁ。数学の素養の問題なのだろうけど、ちょっとどうやったらこんな測定ができるのかわからない。 OPPOスマートフォンを選ぶ理由がまたひとつ増えてしまった。