Manjaro Linux, Arch Linux共にDiscordがCommunityパッケージに

AURからなくなったDiscordの行方

先日の記事でDiscordがAURから削除され、Snappyを利用するように変更されたということを記事にしたが、2018-08-13 MANJAROのstable updateでcommunityパッケージに追加された

もう少し解説

ManjaroのリポジトリはArchとは独立しており、そのパッケージングポリシーも少し違う。 一方でArchのユーザー投稿リポジトリであるAURのパッケージのほとんどが利用できる程度には互換性がある。

原則として、AURにはArchの公式パッケージとして存在するものは投稿できないし、AURのパッケージがArchのパッケージになる場合、AURから削除される。 一方、Manjaroにおいてはもっと広く、「多くの一般ユーザーが欲しがるパッケージ」が公式パッケージに加わっているため、AURと重複するパッケージというのが存在している。これは時々トラブルの元になる。 例えば公式パッケージから削除されたときにAURパッケージがインストールされてしまうなどだ。

今回のAURからの削除は、重複するパッケージを設置しないというArchのポリシーに基づき、Snappyによってインストールすることを推奨するものかと推察された。 これに対しManjaroがAURから削除されたパッケージを「必要としている」と判断して独自にDiscordをパッケージングしたという理解だ。 だが、実際にはArchのほうもcommunityパッケージとしてDiscordが追加された

extraではなく、サポートの手厚いcommunityパッケージというのは驚きだが、これは「LinuxerにとってコミュニケーションツールはDiscordが標準となっている」ということでもあるのだろう。

やはりSnappy版よりもフォントレンダリングをはじめ全体的に良いので、よかったと思う。 ちなみに、Discord自体、最近debパッケージだけでなくバイナリパッケージも配布している。