変更点

最新の変更@Gist

概要

これまでTopicPath機能はPureBuilderで提供されて来なかった。
そのため、個別のドキュメントとテンプレートにおいて実装可能な機能として紹介されてきたが、一般的な要望であるため今回の変更で取り込んだ。

このTopicPath機能は整形されたHTMLを返すわけではなく、シンボルと文字列からなる配列を返す。
PureBuilderの本来の設計に従い、サイトの階層構造に等しいディレクトリ構成を採用し、かつドキュメントごとにTopicPathが固定される状態であれば、かなり楽にTopicPathが生成できる。

これまではTopicPathはドキュメントあたりで設定することが勧められていた。これは、ACCS indexが組み込みで機能するためだ。

この機能を使えば設定ファイルによって、そのディレクトリの親パスを定義し、そして文書タイトルがStringとして追加される。

詳細

つまり、ディレクトリで設定されているのが

[ :Foo, :Bar ]journal/

で、文書タイトルがBazであるならば、

[ :Foo, :Bar, "Baz" ]

となる。

別にシンボルである必要はない。だが、シンボルを推奨している。マップを使用することが推奨されているためだ。
だが、特にシンボルであることを期待しているコードは組み込まれていない。

だから、例えば

[ { Address: "http://example.com/foo/", Title: "Foo" }, "Baz ]

のような構造にしても構わない。

実際にそれを使うコードとしては

% tp = DOC.mktopicpath
% tp.each do |i|
%   if i.kind_of?(String)
        <li><%= i %></li>
%   else
        <li><a href="<%= 	DOC.pbenv[:TopicPathMap][i][1] %>"><%= DOC.pbenv[:TopicPathMap][i][0] %></a></li>
%   end
% end if tp

のようになる。

ただし、Indexの場合はディレクトリで定義されている階層は今いるページなのであるから、その場合はtitleとpathの最終エレメントは重複しているはずだ。

そこで、:Indexが定義されている場合は、最終エレメントを取り除くことにした。

過渡期のコード

タイトルは"title"なのか"Title"なのか:Titleなのか、といったところに揺れがある。

正式には"title"を使用することになっている。だが、おそらくはreservedなキーは大文字で始めることにしたほうがいいだろう。

この互換性を維持するコードにしてある。

また、すでにページあたりでTopicPathを設定している場合に備え、現状はdevelブランチのみの対応だ。


途中で放置したため、書くべきことを忘れました。
ゴメンナサイ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください