なんとかしてP720でWindows 7を使う

私が音楽のお仕事するときの環境は以前としてその中核にSONAR X3が据えられているため、Windows 7が欠かせない。

ThinkStation P720は将来性を考えてWindows 10モデルを選択したが、手元にあるリテール版Windows 7 Professionalのライセンスを利用してWindows 10, Windows 7, そしてLinuxという構成にするのが私の目論見であった。

Skylake-SPプロセッサはWindows 7を使うことができる最強にして最終のプロセッサである。

だが、これはかなりの困難に阻まれた。

もちろん、Windows 10は(いささかの問題はあれど)動作するし、Linuxもなんら問題はない。 だが、Windows 7に関してはインストールディスクから起動すると “Starting Windows” の表示と共に停止してしまうのだ。

様々なトライをしたがうまくいかず、Windows Updateを適用したディスクの作成を試みた。

内容としてはここここを参考にしたが、そのままは適用できなかった。 特にIE11関連はアップデートの配布がされていなかった。

とはいえおおよそ必要と思われるものを統合した。

だが、これでも問題が発生した。

Legacy (BIOS) なら起動できるのだが、UEFIだとUEFIアプリケーションを見つけてもらえない。 bootx64.efiの用意もしたのにだ。

調べたり質問したりしたのだが、解決には至らなかったので、結局UEFI Onlyでの運用を諦めてハイブリッドブートとした。

さて、これでインストーラが起動するようになったのだが、残念ながらUSB2.0ポートにつなぐ場合(P720はキーボード/マウス用ポートのみがUSB2.0)を含めてUSBデバイスが一切反応しない。

幸いにもPS/2ポートが存在しているので、これを利用する。PS/2-USBアダプタは機能しなかったため、PS/2キーボードを新規に購入した。

これでWindows 7は起動するのだが、まともに動かない。 とにかくドライバがない。そして何も動かない。

仕方ないので別のマシンから SCCM Packages For Windows 7 (64-bit) – ThinkStation P720, P920 をゲットして、CD-Rに焼いて展開する。

そう、USBもイーサネットコントローラも動作しないのでCD-Rだけが頼りなのだ。

この状態でC:\DRIVERS以下にドライバファイルが配置された状態になるので、デバイスマネージャからドライバの場所の指定でここを指定すればインストールできるようになる。

大量の動作しないデバイスがあるためかなり大変な作業である。

Windows 7をP720にインストールした状態

とりあえず2つのネットワークコントローラとUSB(4つある)をインストールすればWindows Updateもできるようになり、楽な進行になるだろう。 USB3.0ルートハブにUSB2.0ハブがぶら下がっている格好であるためUSBマウスが動作しなかったのだが、USB2.0ハブのほうもWindows 7はドライバーを持っていなかった。

実際は全部をインストールしなくてもよかった(ある段階でCPU内蔵機能に関しては残りすべて導入されていた)が、Windows Updateと並行するのでなかなか複雑なことになる。

注意点としては、「Blink系ブラウザはシステムがフリーズする」。 原因はわからないが、とりあえずブラウザはFirefoxに限る、ということになりそうだ。導入作業でChrome, Vivaldi, Sleipnirなどを使って作業しようとするとハマることになる。

Windows 7 は動いたが、断念せざるをえず

「特定のタイミングでフリーズする」という問題が「ASIOなどでの音声再生時」に発生したことが致命的で、どうすることもできないので断念することとなった。

そもそもWindowsは音楽制作専用である。他にWindowsを使う機会はない。 厳密に言えばそこから派生した作業もWindowsですることになるが、中核になるのは音楽制作であり、それがなければWindowsはいっそなくても構わない。

だからASIOでの音声再生でフリーズする、というのは音楽制作に使用できないということであり、私としては全く価値がない。

記事としては「Windows 10 プリインストールなP720でWindows 7を動かす」というテーマだからここから先は重要ではないとも言えるんだけど、私としては10日程度を無駄に費やしてここからがスタート地点ということになる。

とりあえずDTM系ソフトウェアは2台に対してアクチベーションが可能なものが多いので、P720 Windows 7は諦めて、 Z400 Windows 7とP720 Windows 10に対して構築していく方針としている。

P720のWindows 7もASIOで落ちたりしていたのだが、アップデートで落ち着いたようだ。

SONAR X3は残念ながらWindows 10では動かない部分がある。 D-Proが動かなかったような気がする…D-Proは私の主力なのでなくなると大変痛い。

(D-ProはどのみちSONAR以外では利用できないようになっている)

DTMの話は続きとして書いていたのだが、主旨の全く異なる話になったため、分割する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください