LuaTexで日本語ドキュメントクラス(ltjsarticle, ltjarticleなど)を処理すると

! Number too big.
ltj@@jfont ->luafunction ltj@@jfont@inner 

l.53 \kanjiencoding{JY3}\selectfont

と言われてしまう、という問題が続いていた。 Manjaro Forumで質問したところ、再現するけどupstreamへ、ということだったのでLuaTeX-jaのほうにご報告させていただいたところ、チケットを切っていただいた

Manjaroではつい先日Texliveが201804にアップデートされたが、この問題はLuaTeX-jaが201806として解決してくださっている。

このため、

$ git clone 'https://scm.osdn.net/gitroot/luatex-ja/luatexja.git'
$ sudo rsync -r luatex-ja/src/ /usr/share/texmf-dist/tex/luatex/luatexja/

とすればとりあえずこの問題は解決する。

だが、今度は

! Undefined control sequence.
\lltjp_um_unmag_fsize: ...@preadjust@extract@font 
                                                  \cs_gset_eq:NN \lltjp_um_f...
l.106 \begin{document}

なんて言われてしまう。 これは、

ltjsarticle + unicode-math で をしていないときに起きるエラーのようです. 別チケットにします.(#38372)

とのことで、チケットを切っていただいた

現在のところkitagawa_testブランチになっているが、恐らく近日中に取り込まれるだろう。 なかなか長い戦いだったが、ようやく論文や教材の清書も捗るというものだ。

ちなみに、この影響でgendoc-pandoc.zshのほうはMathfontに対応した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください