fcitx-mozc-neologd-ut/mozc-neologd-utをメンテナンスされていた方がut2に移行したため、 これらのパッケージがAURからなくなっていた。

そこで、私がAURにputしておいた

これらに関してはupstreamの作者の方(utuhiro氏)がAnterogos使いであるため、 PKGBUILDが標準で用意されている。 私がアップロードしたものはこれを調整したものとなっている。

行った調整は主に次のようなものだ。

  • メンテナの表示を私に
  • pkgnamefcitx-mozc-neologd-utを先に
  • 本体アーカイブをインターネットから取得するように
  • 本体アーカイブのチェックサムの追加
  • makedependsqt5-baseを追加(mozcが要求する)

手法はおおよそ先人に近いもの(fc2 blog))だが、次のような点が違う

  • ダウンロードはupstreamから行っている
  • makedependsなどの調整を行った

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください