キーボードが汚れているなぁ、と気づいたとき、あるいはキーボードがべたつくとき、キーボードを掃除したいけれど電源を切りたくないということはないだろうか。 特にデスクトップの後方につないでいる場合や、ラップトップの場合にはキーボードを外すのも面倒な話だ。 スリープにしてもキーボードに触ったら復帰してしまうし、なかなか厄介だ。

そこで一時的にキーボードをつないだまま無効にする方法を考えてみた。

キーボードを無効にする方法としてはXによるデバイス認識であればxinputが利用できる。

次の方法で認識されているデバイスを確認する。

あまり見やすくはない。

⎡ Virtual core pointer                      id=2    [master pointer  (3)]
⎜   ↳ Virtual core XTEST pointer                id=4    [slave  pointer  (2)]
⎜   ↳ ELECOM ELECOM UltimateLaser Mouse         id=9    [slave  pointer  (2)]
⎣ Virtual core keyboard                     id=3    [master keyboard (2)]
    ↳ Virtual core XTEST keyboard               id=5    [slave  keyboard (3)]
    ↳ Power Button                              id=6    [slave  keyboard (3)]
    ↳ Power Button                              id=7    [slave  keyboard (3)]
    ↳ FCL USB Keyboard                          id=8    [slave  keyboard (3)]

キーボード全体をオフにしてしまうと困るかもしれない。 なので、Virtual core keyboardをオフにすることは思いとどまったほうがいいだろう。

FCL USB Keyboard(idは8)を無効にするには次のようにする。(手前側の8がID、後のほうは固定の値)

有効に戻すにはこうだ。

外付けキーボードが他に用意できるならいきなり無効にしても構わないが、そうできない場合は時間で復帰するようにしたほうがいいだろう。

安全のためアプレットから復帰できるようにするほうがいいだろう。 マウスで操作できるよう、Zenityを使ってon/offできるようにした。 また、off時にはタイマーをかけることもでき、タイマーをかけない場合は確認される。

Gistで公開している。 Zshスクリプトであり、実際にZshの機能を使用しているのでBashでは動かない。 Zenityはなかなかコマンド置換が難しく、(f)は欠かせない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.