概要

日本将棋連盟が運営する将棋倶楽部24はなかなかレトロなシステムを採用している。

Webでjava Appletという構成だが、まぁ当然ながら現代的な環境では動かない。

で、アプリ版があるのだが、「Windowsだけか…」と思いきや、Javaで書かれているのでLinuxでも動いたりする。 だが、ひと工夫は必要だ。

Java Web Start (jnlp)

Iced Teaという名称でおなじみのJavaのweb技術だが、ウェブブラウザプラグインを介してでなくともJavaが起動することができる。

コマンドはjavawsである。 ではjavawsに引数として渡せば動くのか?

javawsコマンドはIced Teaに含まれているのだが、Iced TeaはデフォルトのJava環境を使用する。 そして、OpenJDKだと7でも8でも9でも10でも動かなかった。

Oracle Javaにもjavawsが含まれている。 こちらなら起動できる。

$ /usr/lib/jvm/java-8-jre/jre/bin/javaws 24TokyoDojo.jnlp

Java Web Startのフォント改善

一見して「うへぇ…」となるフォントが表示される。

Java Web Startの場合オプションが渡せないのでちょっと面倒だが、環境変数にセットしてあげれば大丈夫だ。

先程の起動スクリプトに追加してあげよう。

しかしこれでもロビーのフォントは改善されなかったりするのだが。

openJDKだと結構きれいなフォントで出るんだけどなぁ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください