先日のAdaptaのアップデートからManjaro XFce4からインストールした環境で使用しているKDE Plasma上で通知が黒背景黒文字になるという問題が発生していた。

KDE Plasmaの通知を設定しても全く改善されないためどうしたものかと非常に困っていたのだが、 よく見てみるとKDE Plasmaの通知ではなく、XFce4 Notifyになっていた。

そこでxfce4-notifydを止めたいと考えたのだが…

xfce4-notifydはsystemdユーザーユニットとして存在していて、/usr/lib以下にコマンド本体がある。 だからsystemctl --user stop xfce4-notifydで一応止まるように見える。 (場合によってはkillする必要がある)

ところが、ここでnotify-sendするとふたたび起き上がってきてしまう。

これを止めるジェントルな方法を模索したのだが、見つからなかったので、仕方なく/usr/share/dbus-1/services/org.xfce.xfce4-notifyd.Notifications.serviceを削除(というか外へ移動)した。 これは恐らく意図以上の影響を及ぼすだろうが、とりあえず当面の問題は解消できた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください