systemd nspawn

なんかSystemdを毛嫌いする人が多いのだけど、結構使いやすくて便利な機能が多いので、私は好きだ。Xサーバーみたいだと思う。

systemd-nspawnはcrgoupsを利用したLinuxコンテナである。 LXCよりもずっとシンプルな実装で、かつ簡単に使うことができる。 全然知られていないけど。

とりあえずArchする

Manjaroにもarch-install-scriptsがあるためpacstrapできたりする。 なので、初回インストール前には

# pacman -S arch-install-scripts

とやっておく。

そしたらコンテナを作る。 こちらは新規コンテナを作るときにやる作業。

# pacstrap -i -c ~/Container base base-devel

Arch Linuxをインストールしたことのある人ならわかると思うのだけど、 最低限baseがないと機能しない。そして、AURを利用する場合はbase-develも含んでおかないといけない。

あとはログインする。 これは、起動時に実行するもの。

# systemd-nspawn -b -D ~/Container

これでコンテナを起動することができる。終了する場合、コンテナ上で電源を切る。 終了は少し時間がかかる。

# poweroff

LXCと違って自動的にブリッジインターフェイスもセットアップされ、起動しただけでネットワークがちゃんと機能する状態になる。 LXCと比べても随分と話が早い。

ManjaroだとArchを構築するのは簡単だし、もちろんArchやAnterogosでも簡単だけど、そうでないディストリビューションがどうやってコンテナ上にOSをインストールするか、については各々調べて欲しい。 私はArchが使えれば満足なので、コンテナ上で他のディストリビューションを使おうとは思わないし、現状、Manjaro以外をホストにしようとも思わないからだ。

おまけ。この環境からPowerlevel9kするために

ちょっとつまずいたのでおまけ。 標準ロケールがen_US.utf8になっているため、Powerlevel9kのPowerline記号が出ない。

そこで、/etc/locale.genを編集してja_JP.UTF-8 UTF-8をアンコメントし、

# locale-gen

そして、/etc/locale.confを編集してLANGja_JP.UTF-8にしてから

# localectl set-locale LANG=ja_JP.UTF-8

これでちゃんとPowerlevel9kのアイコンが出るようになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください