今まで重要なメールはYMobileのメールアドレスに転送する、という戦略をとっていたのだけれど、 今まで知らなかったのだが、Virtualで(Virtualのみか?)拡張アドレスを含むアドレスのメールを受け取り、外部ホスト(@を含むメールアドレス)に対して転送すると拡張アドレスを含んだまま転送してしまうため、転送先でエラーになる。

そこで、後々の脱YMobileも視野に、Discordで通知するようにした。 もっとも、Discrodはあまり通知で起きてくれないのだけど。

以前、[Discordへの通知方法は記事にしたし]、既にメールから起動するwebhookでの通知というのは結構使っている。 Extract Mailtextは新開発のメールフィルタのコンポーネントで、メールを可読形式にするのはちょっと難しいのだが、ここで作っていた簡単なフィルタが有効に働いてくれた。 テキストフィルタで処理できるように作ったものだけに応用が効いた。

基本的にはこれでいいのだが、注意点が

  • Virtualからはコマンドが起動できない
  • Aliases(local)から起動されたコマンドには$PATHが入っていない
  • Aliasesから起動されるコマンドはnobodyで実行される

Virtualでコマンドが実行できない問題は、Aliasesのほうに専用の(外部には絶対わからないような)名前を作って、Virtualでローカルユーザー(Aliases上のエントリ)にまわして、さらにコマンドに回すのが良い。 拡張アドレスをつけてローカルユーザーに回すようにすれば、Aliasesで直接記述された拡張アドレスを含む場合の専用引数と、含まない場合、もしくは対応していない場合のデフォルトの引数を使うことができて便利。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください