ネットワーク関連のコマンドの欠如については、netstatは単独パッケージ、ifconfigはnet-toolsパッケージ、digはdns-utilパッケージに存在し、別途インストールが必要だ。

また、playコマンドがなくこちらはsoxパッケージ。fetchmailも入っていない。

かなりArch的というか、入っていて当然だと考えるようなものも入っていない傾向があるようだ。

KDE上ではうまく動作しないが、Octopiのグループインストールが便利だ。これによって必要なパッケージを一挙に導入できる。Archでの全部入り運用は邪道かもしれないが、そういう使い方にも適しているディストリビューションだと思う。

Compiz Fusionはいまいちうまく動かない。インストールしたが適切に動作しないため、アンインストールすることで対応した。パッケージグループの設定はいまいちな部分があり、一括インストールに不十分であることがあるほか、個別インストールと組み合わせると重複を指摘されてエラーとなる。

Manjaro固有のアートワークはほとんどないようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.