ManjaroはArch Linuxからの派生であり、Arch Linuxのリポジトリを使用することができる。その中で大きなポイントとなるのがAURだ。

AURはArch wikiで次のように述べられている。

Arch User Repository (AUR) はコミュニティによって運営されている Arch ユーザーのためのリポジトリです。パッケージの詳細について書かれたファイル (PKGBUILD) が集められており、makepkg を使ってソースからパッケージを作り、それを pacman でインストールすることができます。コミュニティの手で新しいパッケージを共有することで、[community] リポジトリへの人気のあるパッケージの取り込みを促進することを目的に、AUR は作られました。

AURは十分なテストがされていないが、ソフトウェアは非常に豊富である。しかも、そもそもビルド手順を示したファイルを配布し、それに応じてビルド/インストールする仕組み(GentooやCRUXと同じ)であるため、配布の難しいパッケージを含めてAURには豊富に取り揃えられている。

pamacはAURをサポートする。AURを検索する、にチェックを入れて使用すればいい。だが、pamacでインストルすると必ずビルドに失敗した。

そこでyaourtを使ってみたところ、うまくいった。yaourtは対話的ツールであり、使い勝手はフロー上はpamacで行うのと大差ない。

まず、次のようにしておく必要がある。

# pacman -Syyu pacman -S base base-devel

その上で、まずは次のようにしてみた。

$ youart ttf-monapo

うまくいったので、JD(2ちゃんねるブラウザ)とlv(ページャ)、nkfをインストールしてみた。

AURはManjaroで利用可能なソフトウェアを大幅に増強し、Manjaroをより強力なディストリビューションへと変貌させる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください