昨年末にきていたAURのアップデートだが、これを適用するとXが起動しなくなる。LVMスナップショットを使ってロールバックしていたが、3回適用しても全て同様の症状となる。

しかし、3回目にyaorutの実行メッセージにヒントをみつけて次のように実行した

sudo mhwd-gpu --setgl catalyst

これで正常に起動した。スナップショットを削除して完了。

そして先日からセカンドモニターのマウスカーソルがバグる、という話をしていて、なんとかしたいので調べてみた。すると、Radeonの問題であり、Windowsでも生じるらしい。Windowsの解決策が並ぶ。

“linux pointer cursor distored”で検索すると情報が出てきた。

のように、

Option “SwCursor” “true”

xorg.confに追記することで解決する、らしい。解決したのかは分からないが、とりあえず今のところなっていない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください