ManjaroでMarkdownを活用しようと思ったのだが、案外苦労したのでレジュメを兼ねて記載する。

MarkdownはGitHubでおなじみの書式だ。この書式については車輪の再開発となるので省略する。

その変換を行うのがmarkdownプログラムだが、この実装はRuby、Rythonなど他にも色々とある。だが、markdownは単純なプログラムで単純なHTMLを出力する。そのため、組み込んで使いやすいが、今回は完全なHTMLがほしい。

そこでpandocを使うことにした。だが、どうもHaskellまわりがぐちゃぐちゃしている。結局インストールしたパッケージは

  • ghc
  • alex
  • happy
  • pandoc-static

さらにPDF出力のために以下をインストール

  • texlive-most
  • texlive-langcjk

CSSファイルを指定してHTMLを出力。

pandoc \ # Pandoc
-s ~/doc/work/si/twitter.md \ # ソースファイルの選択
-t html5 \ # HTML5で出力
-o ~/tmp/twitter.html \ #出力ファイルパス
-c ~/doc/materials/markdown.css/github.css # CSSファイルの指定。埋め込みはしない。

TeX経由のPDF出力

pandoc \ # Pandoc
-s ~/doc/work/si/twitter.md \ #ソースファイル
-o ~/tmp/twitter.pdf \ #出力ファイル
-V documentclass=ltjarticle \ #日本語出力のためのオプション
--latex-engine=lualatex #LuaLaTeXを使用

フォント指定のためのTeXファイルを作成

\setmainfont{Rounded-X M+ 2c medium}
\setsansfont{07YasashisaGothic}
\setmonofont{Ricty}

フォント指定の上PDF出力

pandoc \ # Pandoc
-s ~/doc/work/si/twitter.md \ #ソースファイル
-o ~/tmp/twitter.pdf \ #出力ファイル
-V documentclass=ltjarticle \ #日本語出力のためのオプション
--latex-engine=lualatex #LuaLaTeXを使用
-H ~/tmp/fontdefine.tex #フォント設定を行ったTeXファイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください