Manjaroのプリンター問題

Manjaroのプリンターが全く動かない、という問題。プリンターを追加しようとするとフリーズするわ、KDEでマニュアルPPD指定だとボタンが無効になり、さらにプリンターの名前が反転される、というわけのわからない状態。挙句、成功などと言われてしまうのでどうしようもない。

散々試してもうまくいかず、試しに500GB HDDにManjaroを入れてアップデートして試したが、同じ症状が出る。だが、その過程でUnable to get list of printer driversというメッセージを獲得し、これがヒントとなった。

最終的には

ArchWikiの情報
が活かされて、Foomatic関連を削除することで解決したのだが、この過程でUEFIブートメニューからmanjaroがHDDのものだけになり、Windows boot managerが2つ、空行がひとつ、という状態になった。

UEFIブートトラブル

さて、それでUEFIからブートできないというトラブルが生じたのだが、調べるとUbuntu Boot Repairを使うという提案がかなり多い。そこで試したのだが、Boot Repair Diskを使っても、Ubuntu 14.10を使ってもアンマウントしろと言われて進まない。問題自体は

Ubuntuのforum
で報告されているが、これに従っても解決しない。


Manjaro Wiki
に従って復旧を試みたが、EFI variables are not supported on this system.エラーから抜けられない。記載の通り対応しても、efivarsは動いているにも関わらず、modprobe: FATAL: Module efivars not found. と言われてしまい詰まってしまった。

最終的には、2つ目のWindows boot managerがManjaroを起動させることに気づき、そこからgrub-installを実行して修復できた。ただし、Windows boot managerは相変わらず2つある。

ラップトップのWindowsは完全死亡

その間を支えてくれた復活したてのe440だが、Windows Update中にスリープされてしまい、その影響で構築に失敗するようになり、多くの基本的なものを含むプログラムが起動しなくなり、トラブルシューティングツールでも復元ポイントでも失敗するという状態。

Updateの時はスリープしないようにするくらい当たり前のことだし、せめてトランザクションを張れと思う。

自動再起動の餌食になって、コピーしているファイルや録画が潰されることも多い。

もうこの状態ではe440は初期化するしかない。非常に腹立たしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください