はじめに

システム更新

$ sudo pacman -Syuu

Grub設定。nomodesetを入れる

$ sudo nano /etc/default/grub

最新カーネル

$ sudo mhwd-kernel -i linux42

ビデオカード

$ sudo mhwd-gpu --setgl nvidia

再起動。

パッケージインストレーション

  • nss-mdns
  • bind-tools
  • encfs
  • ctags
  • leafpad
  • zsh

ホスト設定を行う。

必要ならchsh

  • medit
  • geany
  • geany-plugins
  • smplayer
  • smplayer-themes
  • smplayer-skins
  • opera-developer
  • cinnamon
  • plasma
  • kde-applications
  • fcitx-kkc

X関係に問題が出るので、Zshでホームディレクトリ上で(多分、extended_globを伴って)

$ rm .[xX](^(profile))

入力関係の設定をしておく。

  • emacs
  • xsane
  • fetchmail
  • spamassassin
  • razor
  • tasque
  • skype
  • skype-call-recorder
  • openssh
  • sshfs

sshの設定

  • lv
  • w3m
  • amarok
  • audacious
  • audacious-plugins
  • libcue
  • audacity
  • sox
  • zsh
  • gtkhotkey
  • libgcrypt15
  • inkscape-gtk3-bzr
  • sylpheed
  • ttf-tahoma
  • fcitx-anthy
  • ttf-ricty
  • ttf-migmix
  • ttf-rounded-mplus
  • ttf-migu
  • ttf-sawarabi-gothic
  • ttf-hanazono
  • ttf-mikachan
  • ttf-sawarabi-mincho
  • ttf-mona
  • ttf-sazanami
  • ttf-monapo
  • ttf-kibitaki
  • ttf-mplus
  • ttf-ume
  • ttf-kochi-substitute
  • ttf-ohruri
  • ttf-vlgothic
  • ttf-koruri
  • ttf-vlkoruri

Infinality, Java, Mozc-UTは猛烈に時間がかかる。

  • cairo-infinality
  • fontconfig-infinality
  • freetype-infinality
  • jre8-openjdk-infinality
  • fcitx-mozc-ut

続き

  • kde-gtk-config
  • ttf-tahoma
  • bundler
  • fcitx-anthy

    nVidia向けのビデオ関連。

  • libva-vdpau-driver
  • gst-vaapi

続き

  • gtk-theme-preference
  • font-manager
  • gtk-chtheme
  • alsaplay
  • gedit
  • gedit-code-assistance
  • gedit-plugins
  • evince
  • gnome-terminal
  • tomboy
  • mcomix
  • gnome-screenshot

Gnome Screenshotは設定が必要

  • xlhtml
  • vivaldi

Vivldiは必要か??
Wine関連

  • wine
  • winetricks
  • twine
  • wine-mono
  • q4wineyaourt
  • wine_gecko

Haskell (for pandoc)

  • ghc
  • cabal-install
  • alex
  • happy
  • texlive-core
  • texlive-langcjk

続き

  • chromium-pepper-flash
  • dialog
  • perl-tk
  • psutils
  • ruby-kramdown
  • livestreamer

ウェブブラウザ。

  • midori
  • qupzilla
  • rekonq

続き

  • xnviewmp
  • nkf

Gtk+2テーマ関連

  • oxygen-gtk2
  • lib32-qtcurve-gtk2-1.8.18-1
  • lib32-qtcurve-qt4-1.8.18-1
  • lib32-qtcurve-utils-1.8.18-1
  • qtcurve-gtk2-1.8.18-3
  • qtcurve-qt4-1.8.18-3
  • qtcurve-qt5-1.8.18-3
  • qtcurve-utils-1.8.18-3

Gtkテーマ, Sylpheed, Leafpad

Gtk+2アプリケーションの中に、Gtkテーマを原因にSegmentation faultを起こす奴がいる。

SylpheedはGtk+2専用テーマでなければいけない。場合によってはフォールバックできるが、できない場合もある。フォールバックできる場合も起動時間が全く異なってくる。

そこで、Gtk+ 2専用のOxygen-Gtkにしたのだが、なんとLeafpadはOxygen-Gtkで動かない(!)

QtCurveが最も簡単に解決してくれるが、それも嫌なので、Leafpadだけは代替プログラムを書いた。

#!/bin/sh

export GTK2_RC_FILES=$HOME/lib/alt-gtkrc-2.0

exec leafpad

で、alt-gtkrc-2.0でQtCurveを指定している。

Gtk+2フルなテーマは

  • Clearlooks
  • Industrial
  • Mist
  • Redmond
  • ThinIce
  • Xfce-redmondxp
  • Xfce-kolors
  • Xfce-dawn
  • Xfce-dusk
  • Xfce-cadmium
  • Silver

もしかするとoxygen-gtk3-gitを入れるとダメかもしれない。

なお、Gtk3はCinnamonで、Gtk2はgtk-chthemeで設定。

文字入力設定

入力関係のため、~/.xprofile

export GTK_IM_MODULE=fcitx
export GTK2_IM_MODULE=fcitx
export GTK3_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=fcitx
export XMODIFIERS="@im=fcitx"
export DefaultIMModule=fcitx
export PATH=/home/aki/bin:$PATH

ログアウトしてログインしなおしたほうが良い。
gtk-query-immodules-*は必要なかった。

Gnome Screenshot

デフォルトの保存場所を変更する。

gsettings set org.gnome.gnome-screenshot auto-save-directory /path/to/directory

Maxthon

リポジトリ落ちしているので

$ git clone --depth=1 git://pkgbuild.com/aur-mirror.git
$ cd aur-mirror/maxthon-browser
$ makepkg
$ sudo pacman -U maxthon-browser-1.0.5.3-4-x86_64.pkg.tar.gz

英数キーでCaps Lockになる

Archのevdevがいうこときかなくなっているので、.xprofileあたりに

setxkbmap -model jp106 -layout jp

Pandoc

$ export PATH=$HOME/.cabal/bin
$ cabal update
$ cabal install pandoc

openSSH

$ sudo systemctl start sshd
$ sudo systemctl enable sshd

ホスト設定

MDNS (Zeroconf)

/etc/nsswitchhost項目にmdns_minimalを追加。filesよりも後に。

fcitx-mozc-utのために

/etc/hostsdig japanese-usage-dictionary.googlecode.comした結果に基づき、このホストをIPv4で決め打ち。

ビデオの設定

Quadro2000でのVDPAUについては、単純にnon-freeでインストールしていれば、有効になっている。
nvidia-utilsでOKだからだ。

VA-APIについては、libva-vdpau-driverをインストールし、環境変数$LIBVA_DRIVER_NAMEの値にvdpauをセットするようにすれば良い。
私は~/.xprofileに記載した。

Smplayerは「ビデオ」タブで出力ドライバーvdpauに、
パフォーマンスタブのハードウェアデコードvdpauにする。

VLCについては、ハードウェアアクセラレーションによるデコードX11のVA-APIビデオデコーダーに設定する。

Flashは/etc/adobe/mms.cfgのコメントアウトされているEnableLinuxHWVideoDecodeを有効にする。


追記

Conkyを触ってみたのだが、AMD APUで発生していた

  • execiしていると2回目から表示が消える
  • RSSが取れないことが多い

RSSがとれないというのは、RSSのエントリが表示されない状態になる。Conkyの組み込みrssの話だ。取れたかとれなかったかの状態は永続するが、取れないことが圧倒的に多く、5つのRSSをまとめている部分に関しては、何十回も起動・停止しなければ十分に表示できなかった。

また、Conkyの負担もかなり大きかったので、結局使用をやめていたけれど、Z400になってなんの問題もなくなった。

やはりLinuxにはQuadroだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください