Gist

ゲームソフトをいつも手元に置いておくのは邪魔なのだが、ゲームで起動するためにディスクが必要なものがあったりする。

シングルトラックならddなりcatなりで良いのだが、オーディオトラックを含むマルチトラックのものはそうはいかない。

吸い出しはLinuxでして、Windowsで仮想ディスクとしてマウントできるようにしたい。

基本的な方法としては、「DAEMON Toolsでcueファイルをマウント」であるらしい。cueファイルはトラック情報を記載したテキストファイルで、binファイルとセットになっている。

Linuxでのディスククローニングにはcdrdaoを使用する。これは、従来オーディオディスクでも使用している。

だが、cdrdaoはbinファイルとtocファイルを生成する。tocファイルをcueファイルに変換するtoc2cueを使用する必要がある。

だが、それだけではエンディアンに違いにより、DAEMON Toolsでマウントするとオーディオディスクはホワイトノイズのみとなってしまう。この解決のためddのconvオプションを使用する。

さらに、異なるパスに対して吐くと、binファイルのパスが問題になるため、パス記述を書き換えるsedを加えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.