UnicompキーボードはダイヤテックがJPキーボードを取り扱っているのでJPキーボードはあるのだが、日本語106キーボードであり、Windowsキー、メニューキーがない。

Linux上でこの問題を改善したい。

まず、Cinnamonの場合、キーボード→レイアウト→オプションで左Altと左Super(Windows)を入れ替えるというものがある。これを使えば、右Altがあるため、Superの利用が可能になる。

だが、慣れた位置にAltがないことに戸惑う場合もある。109キーボードの場合、AltキーはSuperキーの右側にあるため、この位置にあり、私はあまり使わない無変換をAltキーにする。

Plasmaの場合はこの法歩うが使えない。AltキーをSuperに当てても、ウィンドウマネージャにおいてはAltキーとして動作するためだ。

そのため、無変換、Pause、ScrollLockのいずれかをSuperキーとして使うのが良いのではないか。

これらの設定をまとめたエイリアスがこちら。

# Xmodmap
alias xmapmhn2alt='xmodmap -e "keycode 102 = Alt_L"'       # Use Muhenkan as Alt key
alias xmapmhn2sup='xmodmap -e "keycode 102 = Super_L"'     # Use Muhenkan as Super
alias xmappus2sup='xmodmap -e "keycode 127 = Super_L"'     # Use Pause as Super
alias xmapscl2sup='xmodmap -e "keycode 78 = Super_L"'      # Use ScrollLock as Super
alias xmappus2hyp='xmodmap -e "keycode 127 = Hyper_L"'     # Use Pause as Hyper
alias xmapscl2hyp='xmodmap -e "keycode 78 = Hyper_L"'      # Use ScrollLock as Hyper

キーコードが不明な場合はxevで取得しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.